わざわ座 子供椅子

少し時間が経ってしまいましたが11月20日(火)、21日(水)、22日(木)の三日間
ビックサイトにてジャパンホームショー2018が開催されました。
その中で大工の手展覧会として「デザインを味わう、こども椅子」展が企画され全国のわざわ座座衆(メンバー工務店)より34点のこども椅子が出展されました。
会場構成はもちろん子供椅子のデザインは小泉誠さんです。
基本のフレームの形とデザインは決められていますが背板と座板のデザインは材料も含めてほぼ自由
メンバー工務店の座集が好きに決めてよいことになっています。
もちろん弊社も応募させて頂きました。
展示箱にはどれが好みだったかを投票出来るようにスリットが開いています。
どれが1番だったのかはそのうちに発表があると思います。

c0019551_19112876.jpg


















c0019551_19113175.jpg












こんな風に会場の展示を囲むように
力作の子供イズが並べられていました。











c0019551_19113403.jpg
















c0019551_19132588.jpg


























c0019551_19142897.jpg






































c0019551_08174275.jpg

































製作中の子供椅子のフレーム
中堅の竹平大工が担当しました。
材は普段から使っている造作材の米栂材
柾目材で使い易い材料です。









c0019551_08174447.jpg


























チークや栃、アッシュ、楢、栗、タモなどの
在庫を並べて材使いの検討をしました。





c0019551_19150923.jpg


c0019551_19191115.jpg
















そして試行錯誤の上出来た子供椅子がこれです。
背板は洋桜
座板はチークと楢を組み合わせています。
竹平大工に全て任せています。
コンセプトは丸三角四角だそうです。
座と背にそれらの形を盛り込んでいます。

背板の穴は持ち手を兼ねています。















その他
どれも秀作ですが34却の中で自分的に好ましいと
思った物を抜粋しています。

材の選択と言い
形状と言い
デザインも含めてどれも相違工夫に満ちたものです。











c0019551_19191153.jpg






























c0019551_19191173.jpg





























c0019551_19191048.jpg






























c0019551_19191060.jpg





























c0019551_19191086.jpg



























c0019551_19191068.jpg






























c0019551_19191095.jpg



























c0019551_19191094.jpg






























c0019551_19190910.jpg
































by tanaka-kinoie | 2018-12-13 19:11 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29897123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 10年経過した浴室ハーフユニッ... New mug cup >>