人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ハーフバス+さわら板張り

浴室のハーフバス+板張り
現在工事中の前原の家で板張りが完了しました。
浴室を担当したのは若手の松下大工 大工育成塾出身で弊社にきて5年1ヶ月が経ちました。
久しぶりに天井懐の余裕があるので天井扇タイプのガラリです。
普段は高さに余裕が無いので壁換気扇が多いです。
そちらも悪く無いのですが個人的には納まりも綺麗ですし壁もよりも好ましいと思っています。
初めてハーフバス+板張りを施工したのが伊礼設計室との初めての仕事「江戸川ソーラーキャット」でした。
きちんと数えていませんが100棟程度の施工例があると思います。
下地のディテールから化粧ガラリに工夫、棚の納まり、扉の納まり、撥水塗料の種類、お手入れの仕方などそれなりにノウハウがあります。
OB宅のメンテナンスと共に状態を確認して悪いところは改善して日々進歩していると思います。


ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17040411.jpg



緑色の下地は耐水ボード貼り
建物の防火からも必要です。
胴縁はさわら板の裏側の通気が取れるようにしてあります。
万が一の水の侵入にも板の裏側の乾燥にも役立ちます。

天井扇のダクトが見えていますが天井裏側に見えなくなります。





















ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17040724.jpg





綺麗に下地が組まれていますね。
これで仕上がりの良し悪しも決まってしまいます。























ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17040904.jpg




この通気胴縁とパッキンで通気的な隙間を取っています。













ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17085232.jpg



ネットから拝借した画像です。
決して悪い訳でも無く一般的な換気扇の樹脂のガラリで
納めています。

























ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17104456.jpg




弊社では天井を凹ませて天井板のガラリを付けています。
天井に違和感なく綺麗に納まります。
せっかくの天然木板張りですのでひと手間かかりますが
これがお薦めです。










ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17133873.jpg




ガラリを取ると天井扇のガラリの樹脂は見えますが殆ど
目立ちません。





















ハーフバス+さわら板張り_c0019551_17133655.jpg





天井板と木目を合わせてくり抜いてガラリを製作します。
ケンドンになっているので容易に外せます。

by tanaka-kinoie | 2021-05-28 17:03 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/32156835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 外装工事の防汚水切り 構造見学会開催 >>