2018年 02月 17日 ( 1 )

改修工事 2題

弊社の工事は新築工事ばかりのように思われがちですがもちろんリフォーム工事も請け負っています。
現在は杉並区の天沼と文京区の本駒込にて改修工事を行っています。


こちらは杉並区天沼の様子
接道条件により再建築不可能な家を購入されたお客様
段階的に工事を行う事となり今回は1期工事となります。
外壁をいじらずに一部増築部分や内部の壁を壊して耐震補強と断熱改修を行います。
外見ではわかり難いですが壊して見ると色々な様子がわかったり、意味不明な事も出てきます。
いわゆる御神楽と言われる平屋に一回り2階を増築したような跡もあり、それを支える為に鉄骨の柱のような物も見つかりました。
断熱材の充填は無し、構造壁になるような壁も内部には無いので外周部のみで構造耐力をとります。
2階からの解体なので恐れている柱の足元の劣化具合はまだわかりません。

c0019551_14551867.jpg




2階は比較的地代が新しいのか
鋼板の外装の裏側が見えています。
無断熱です。
























c0019551_14552256.jpg













1階は50年以上は経過しているようです。
木舞壁です。

















 


こちらは本駒込の家の様子

c0019551_15190830.jpg





こちらは天沼より建物は小さいですが骨組みだけ残して
耐震、断熱、設備、内外装の殆どを直しています。
骨組みにするとかなりの劣化と腐朽が見つかりました。
雨水の排水と基礎の高さが低い為に北側の管柱の
殆どを交換しました。













c0019551_15191421.jpg








無筋の基礎を炭素繊維にて補強して土台も交換
しています。













c0019551_15254529.jpg


















c0019551_15255036.jpg









丸太梁にしても断面が小さくて軟です。














c0019551_15260395.jpg









玄関、階段部分は腐朽、食害もあって殆どの構造材が
使い物にならず構造材の殆どを交換しています。

by tanaka-kinoie | 2018-02-17 13:31 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)