2018年 09月 04日 ( 1 )

JR御茶ノ水駅工事 近況

なんどか取り上げている御茶ノ水駅バリアフリー化とコンコース工事
良く利用する駅ですが乗降客の多さに比べてホームの幅は狭く、ゲートも無いので危険ですしエスカレーターも無いのでご老人もベビーカーのママなどが階段の条項に苦労している姿も
たまに見かけます。
神田川に面しており、土手沿いの緑、聖橋の下にあり景観はとても良く好きな駅なのですがある意味では不便極まりない駅でもあります。
土手沿いにあるような駅ですので川側に架台をつくってのおおががりな土木工事は5年ほど前から始まっています。
先日前を通ると地上と同じ高さに架台が組まれていました。
仮設なのか下地なのかはわかりませんがホームの中に大きな丸柱がいつのまにかありましたのでホーム上のこの構造物を支える為の物だったと思われます。
かなりの難工事だと思いますが完成を心待ちにしております。
山田守さん設計の聖橋の景観とコンコースをどうマッチさせるのかも楽しみなところです。


c0019551_17460291.jpg


当初の様子はこんな感じでした。
















c0019551_17212697.jpg


















c0019551_17223200.jpg












仮設?の
架台が大きくなってホーム屋根を覆いつくす
様になってきましたがもう少し聖橋よりの
伸びてい行く計画だと聞いています。

c0019551_15295204.jpg


















山田守さんの聖橋も化粧直しが終わりました。
以前の表層がどんなものだったは忘れましたが
樹脂を塗ったという感じで良い風合いには感じませんね。




c0019551_15295502.jpg











by tanaka-kinoie | 2018-09-04 17:28 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)