人気ブログランキング |

2020年 04月 05日 ( 1 )

事務所改装工事 セルロース吹き込み

事務所の改装工事も本棚などの家具工事が終わり大よその目安が立ってきました。
働く環境を良くしようとの試みながら建物の箱の中での改装に留まり出来ることは限られます。
当初は予定していなった断熱工事ですが弊社は1階が駐車場です。
鉄骨のスラブデッキ板下にウレタン断熱材を密着してありますが当時は知識不足もあって通気との関係が良くなかったと思われます。
どこかで断熱欠損しているようです。
そんなことで足元が冷えるとの社員の声もあって床を壊さず元々の床上にネオマフォームをに敷き込んでまずは床の断熱強化を行いました。
壁はいじりませんでしたがもう一つの問題は夏の天井からの暑さ
このスペースの上は屋上で夏の日射熱の暑さが冷房にも相当の付加を与えていると思います。
建築当時は屋上(事務所天井内)の根太間にスタイロフォームを挟んでグラスウールを敷き込みましたが当時なりの
感覚であり全く十分ではありません。

事務所改装工事 セルロース吹き込み_c0019551_17003659.jpg




既存埋込み照明の開口部を利用してセルローズを奥から高密度に充填しています。

10㎝程度のホースを使ってセルローズファイバーを圧送して天井裏に隙間なく充填していきます。
事務所改装工事 セルロース吹き込み_c0019551_17004668.jpg
事務所改装工事 セルロース吹き込み_c0019551_17004847.jpg




既存照明の開口部に空気の通るシートを張り吹き込んだセルローズの漏れを防ぎます。
事務所改装工事 セルロース吹き込み_c0019551_17005018.jpg



セルローズを圧送する為の車載ポンプから
のホースを2階窓から入れています。
事務所改装工事 セルロース吹き込み_c0019551_17005290.jpg



比重は70㎏/m3近くになると言われていますので夏の日射熱に対する効果は高いと思います。
快適性はもちろん、冷房の付加も減るので実際はの効果はまた夏にレポート出来ると思います。



by tanaka-kinoie | 2020-04-05 16:59 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)