人気ブログランキング |

2020年 05月 24日 ( 1 )

北国分の家

先日ご紹介した住宅建築6月号に掲載されています『北国分の家』
防蟻のホウ酸処理の5年区切りの定期点検で伺ってきました。


北国分の家_c0019551_16320975.jpg



玄関付近
建築中にはこんな庇の高さが低くて間違いじゃないのと
恐れ多くも田中敏溥さんの設計に疑問を持ちました(笑)
もちろん絶妙な高さで納まっています。
北国分の家_c0019551_16322131.jpg



お庭は高田造園さんによる物
6年目でここは雑木の森と化しています。
2階リビングからの樹木の見え方も目の前の森の木の葉に
触れられるような近さです。日射も理想的に樹木に遮られ
ています。
北国分の家_c0019551_16321766.jpg




反対側からの画像です。樹種は10種類以上になると思います。
ドングリも沢山落ちていました。
北国分の家_c0019551_16322356.jpg




ハーフバスにさわら板貼り最後にタオルで壁天井を拭きとって
おられるとの事
カビ一つ無く、新築時とあまり変わらない綺麗さを保って
いました。
北国分の家_c0019551_16322740.jpg




外壁は建築家の西方里見さんにご紹介を頂いた
秋田杉の赤身勝ちの羽目板です。
縦貼りを押し縁で留めています。
あまり綺麗に仕上げず、けば立ちあるラフ感強い荒々しい
風合いでした。
その分塗料が吸い込みますし反って耐久性はあがります。
赤身は耐久性が強い部位ですし軒があるので安心です。

by tanaka-kinoie | 2020-05-24 16:33 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)