カテゴリ:未分類( 16 )

応急仮設住宅

全木協東京と東京都は災害時の応急仮設住宅の協定を結びました。
プレハブメーカーの独占状態であった災害時の仮設住宅建設に工務店が携わる木造により仮設住宅が加わると言う事です。
弊社も応急仮設住宅建設に関する幹事会社としての登録を致しましたが先日、実践的な実習とした講習会が開催されましたので参加をしてきました。
地震が起きない事を祈るばかりですが有事に備えての訓練を行う事はとても大事だと思います。


c0019551_21510148.jpg




午前中は座学
熊本での施工実例のDVDで放映
応急仮設住宅の設計図の解説と施工上の注意など
の講習を受講します。
これは講習前の様子です。
会場は後部までぎっしりと主幹事、幹事工務店で
埋め尽くされました。








午後からは実技講習
足立にある東京都立城東職業能力開発センターの1階にて松杭による束を想定しながらの準備です。
c0019551_21510818.jpg


















c0019551_21511127.jpg



















主幹事工務店からは大工も派遣されていよいよ建て方が始まります。
受講者は100名以上 周りで様子を見守ります。
c0019551_21511520.jpg



















3間×3間での大きさを2軒分の住宅として想定したモデル
c0019551_21511873.jpg


















c0019551_21512007.jpg


















あくまでも実践実技を行い、学び体験する事が目的ですので建て方は人数があまるぐらいの大工がいました。
あっという間に棟上げまで終わりました。
c0019551_21512303.jpg


















c0019551_21512679.jpg


















わかり難いですがこちらは住戸間の重要な仕切り
相互の生活音を遮断して火事などの場合も延焼を防ぐ重要な壁である界壁の設置について学んでいます。
c0019551_21512838.jpg



やっと始動をしたというところ主幹事も幹事も
登録工務店がまだまだ足りません。
4月にまた講習開催となるようです。

by tanaka-kinoie | 2018-02-14 21:50 | Trackback | Comments(0)

田端の家2 完成間際


2月24日(土)、25日(日)に完成見学会を行う『田端の家2』足場が外れて完成間際となりました。
完全予約制ですがお時間あれば是非お越しください。

c0019551_18215354.jpg



敷地は22坪弱
建蔽率60%ですが長期優良住宅の認定を受けることが
お客様のご希望でした。
面積要件の階段を除く40㎡を満たすにはぎりぎりの
敷地でしたがバルコニーを無くすことで何とか認定
を受けることが出来ました。






















c0019551_18215898.jpg












ガルバリウム鋼板の波板
茶色です。


















c0019551_18220510.jpg




















南側
隣接地の通路がある為に陽当たりの条件が
良く、採光はもちろん屋根には高性能の
太陽光パネル3.77kが載っています。










c0019551_18221008.jpg



























2階リビング、ダイニング

左手がダイニング
仕切りの右側にTVが置かれ
ソファーと向き合うリビングとなります。
c0019551_18221578.jpg
















3階の畳コーナー

by tanaka-kinoie | 2018-02-13 18:24 | Trackback | Comments(0)

堀商店金物

建具に使われるレバーハンドルなどの錠前、丁番などを主に金物を製造販売している新橋の堀商店
一般の方にはあまり知られていないと思いますが老舗の会社です。
10数年前に国内最大メーカーで騒がれたピッキング対応無しのディスクシリンダーという錠前がありましたが
ここの製品においては全く問題無し。
それ以前からディンプルキーによるピッキング対応はしていました。
決して華美なデザインではありませんが金属ならではの美しいカーブを描くものが多く、重厚です。
ステンレス、真鍮磨き、オールドブロンズなど質感がある素材にこだわり、他メーカーと一線を画します。

以下堀商店HPより
安全性が高く堅牢なこと」、「質感のある重厚なデザイン」、堀商店が一貫して守り続けている製品開発における理念です。
丈夫で長く使え、重厚で美しく、使い込むほどに味わいを深め、毎日の暮らしを豊かにしてくれる。これが堀商店が考える
<本当に良い物>です。

一方では伝統的な手法を用いたハンドメイドによる少量生産にも対応しており、たったひとつのオリジナル品や特注品も製作します。
また歴史的建造物における錠前、金物の修理復元なども手掛け、古き良き伝統を守り続けています。

堀商店は安心してご使用いただくためのケアも大切にしています。

堀商店の考える本当に良い物の理念は弊社が考える家づくりにも通ずるものです。
サムラッチハンドルや錠前金物が赤坂迎賓館に使われている事からしても古き良き伝統を守ったモノづくりをしている事がわかります。
決して高いとは思いませんが他メーカーとの比較すればやはり差があります。
住宅ですと開きドアへの利用が多くなりますが弊社は引戸が多いので使う頻度はちょっと少な目です。
とはいえ、堀の金物が付いただけで扉全体に高級感が増すことは間違いないです。
玄関ドアにこの金物がついているだけで只者で無い気配を感じるぐらいです。


c0019551_14041173.jpg



 そんなことで前触れが長くなりましたが
 先日、友人と建具には良い金物が必要だと話をしていて
堀商店の物は良いよと話をしていました。
 その後に、ご自宅にお邪魔をしたら偶然にも室内建具に堀商店の
 金物が扉に使われて偶然にびっくりしてしまいした。
 かなり年季の入ったものだと思いますが現行品でもある
 MGRというレバーハンドルです。











c0019551_14051050.jpg



 真鍮らしい経年変化が良い具合です。



























c0019551_14054672.jpg



 後日、友人から送られてきた写真
 真鍮を磨いてみたとの事
 これはこれで真鍮らしく
 重厚感も増しています。












c0019551_14061010.jpg




 田中工務店のエントランス
 最終退出口は堀の電気錠があります。
 LBRという小ぶりなハンドル
 ステンレス仕上げです。
 会社の玄関錠には絶対に堀商店の物をと決めていました。
 昨年暮れに25年ぶりに電気錠を交換しました。
 それまで全く故障は無しでした。





















c0019551_14061919.jpg



 昨年のジャパンホームショー
『わざわ座』のイベントで販売されていたキーホルダー
 カタログにも載っていない?
 多分、金物以外では初めての製品です。
 まだまだ使えるキーホールダーがありましたが
 栃木レザーの質感と金物脱着が可能な金物屋らしい
 製品に惹かれてしまいました。
 









c0019551_14062399.jpg




 HORIという表示もありますがブランド的に象徴するような
 ものは一切ありません。
 オレンジ色が好みでした。

by tanaka-kinoie | 2018-02-12 14:07 | Trackback | Comments(0)

ミライセッション 2017

c0019551_12120511.jpgジャパンホームショーの新建ハウジング主催の
家づくりのミライ session3『つくる』で小泉誠さん
とトークセッションをさせて頂きました。

c0019551_12120862.jpg




 新建ハウジングと協同出展している『わざわ座』 
弊社も座衆(つくり手)として参加をしています。
 つくり手としてデザイナーの小泉誠さんと私と35分づつ個々に
 お話をせて頂き、それからトークセッションと言う形でした。
 司会は十数年来のお付き合いのある新建ハウジングの三浦社長
 
 


c0019551_12121166.jpg  35分の時間を超過していましたが
  ものづくりの思いのたけを全て吐き出しました。(笑)

c0019551_12121855.jpg 
 


司会の三浦さんの質問に明確にお答えが出来た自信はありませんが
 プロも住み手も町場の工務店でここまでやれるのかと思わせる、
 ぎゃふんと言わせるようなレベルを目指して素材を吟味して技術
を魅せる手わざを意識していることをお伝えしました。
「大工の手」のスツールの小泉さんのデザインは奇をてらうことも無い
 フォルムでどこでも馴染む素形だと思います。
 工務店の日常使いの材料で普通につくれるものでありながら広葉樹使い
 をすればそれも似合い、重厚な物にもなります。
 そんなお話もさせて頂きました。

c0019551_14232529.jpg 
 
 
 わざわ座の出展
 全国の工務店が同じデザインのクッションスツールを材、張地を
 自由に使った31点が並んでいます。
 











c0019551_14232935.jpg


















c0019551_14234679.jpg


 屋台と呼ばれていますが屋根つきの開放型の
 小さな展示ブース
 山長商店
 堀商店
 小泉道具店
 エクレアキッチン
 が出店してました。

by tanaka-kinoie | 2017-11-22 14:16 | Trackback | Comments(0)

見学会のしつらえ

『中里の家』 見学会が終了いたしました。

週末の2日間とも猛暑でも断熱性能の良さにより移設する為にリビングがエアコン無しでもサーキュレーターを使って
個室2台のエアコンのみで十分しのぐことが出来ました。

とはいえ音や見た目の感覚的な涼しさの演出もいくつか試みました。

c0019551_19171812.jpg


クリスタルの削り出しの花器SHALLOWS
ダイニングテーブルの上に飾りました。
道端にあったカタバミを挿しただけですが
不思議と様になります。
ガラスならではの涼しげな演出です。
テーブルのアメリカンチェリーに映えます。

c0019551_19173650.jpg


12年前に購入した久保裕子さんの作品
上から見れば水面の中に金魚が泳いで
いるように見えます、
不思議なガラスの文鎮です。

c0019551_19175345.jpg


篠原風鈴本舗の江戸風鈴
近頃はうるさいと言われることもある聞きます
が透き通ったガラスならではの音色は涼しさを
感じますね。

c0019551_19181347.jpg

これはオリジナルの手拭から作った団扇です。
こちらは実用品その物・・・・(笑)
暑い中ご来場者の方々にすぐにお渡しをしました。
もちろん販促で配られているような物ではありません。
竹でつくられている手作りの房州団扇です。
浴衣の帯に差せるように長めの柄でお願いをしています。



by tanaka-kinoie | 2017-07-11 10:21 | Trackback | Comments(0)

中里の家

7月8日(土)、9日(日)に完成見学会を開催する『中里の家』の進捗状況です。
木工事がもう少しで終わり、足場も外れます。
この複雑な屋根は足場が無いと地上から見ることは出来なくなるので上がってみました。
これを実現する、木造の架構の技術と板金の技術
絵に描いた餅にならぬようにならずに実現できるのは己の技術レベルを知った上での設計施工であるからです。

c0019551_20083791.jpg




玄関前のポーチ天井は杉板です。
延焼ライン内で防火制限がありますが
下地を不燃にして板張りを可能にしています。











c0019551_20091800.jpg




3階の子供室は屋根そのものの複雑な
形状です。























c0019551_20103736.jpg




3階廊下からリビング側の吹き抜けを見る。

屋根の一部になるので開閉式の天窓を
設置しています。




















c0019551_20105922.jpg



3階への階段
屋根勾配内でぎりぎりにあがって
いきます。























c0019551_20112109.jpg



ガルバリウム鋼板一文字葺き
 
北側、道路と2面の斜線に掛かるために
ピラミッドのような形状の屋根です。

右手の北側は天窓
左手には非常用進入口があります。






c0019551_20114182.jpg




 3階なので非常用進入口が必要です。












c0019551_20115586.jpg



屋根は2段になっています。
こちらは上部の屋根
寄棟形状は屋根換気がとり難いですが
新型の換気棟を使っています。
 









c0019551_20121047.jpg



 上部の屋根から下部の屋根を見る




c0019551_20123100.jpg こんな感じで急激に屋根が折れます。























by tanaka-kinoie | 2017-06-07 20:13 | Trackback | Comments(0)

定期点検 2件

週末に定期点検を2件行いました。
9月で10年目を迎える『けやきの見える家』と7年目の『根岸の家』
どちらもOZONE家づくりサポートの中の工務店コンペで弊社を選んで頂いたものです。

私の代になり、現在のような家づくりを始めてから10年少々
お客様からのご意見、定期点検時に気付いたこと、新製品の登場などで施工方法も使う素材も少しづつ変えてきました。
この2軒の家を比べてもたった3年の違いで定番部材の種類や素材を変えています。
これから10年一区切りを迎える家々が多くなってきますので定期点検で新たな気付きがあると思います。


c0019551_20293513.jpg



『根岸の家』

台東区の根岸は住宅密集地
路地に面した角地で比較的恵まれた
条件とはいえ狭小地での木造3階建て
の建築でした。

3階には個室とサンルームに
ここにも見える小さな花台があります。
屋根上での耐久性を考えて人口木を
使いました。

















c0019551_20315916.jpg



玄関は路地側にあります。
元々セットバック前では自転車が
すれ違い出来る程度の道幅でした。

c0019551_20361401.jpg



屋根は瓦棒葺き
この頃から芯木は人口木にした為に釘抜け
は無し
雨樋もタニタスタンダードで当然の事
劣化はありません。
雪止め、雨樋、棟 問題なし
ここは3階建てとは言え比較的上がり易い
勾配です。
狭小地では空間をぎりぎりに取るので
きつい勾配の屋根も多くなります。
とはいえメンテナンスを考えれが上がれる屋根
が理想です。


c0019551_20362840.jpg



下屋に設置された花台
人口木で製作されています。
金物やビス類は全てステンレス
溶融亜鉛鍍金も悪くないのですが
ステンレスが安心です。
c0019551_20364608.jpg



階段下まで有効に使える
引出し式の収納

c0019551_20370084.jpg



ロシア唐松の床は色濃く
なりいい経年変化をしています。

c0019551_20371494.jpg


畳下の点検口から床下のチェック
白蟻がいないか
漏水がないか
腐朽はないか



c0019551_20372826.jpg


床下は掃除機も掛けているので
竣工当初の綺麗な状況でした。


c0019551_20185294.jpg
午後からは『けやきの見える家』

バルコニーの正面には欅の大木があります。
これをリビングの借景にしない手は無い
敷地条件でした。






















c0019551_20190045.jpg




 ケヤキ側から見る
















c0019551_20190739.jpg





























c0019551_20192887.jpg



 太陽光駆動のOMソーラーを
 搭載しています。
 関節痛であった奥様には足元の
 冷えが大敵と言う事で導入して
 喜んで頂いています。

この頃の雨樋はパナソニックのアイアン丸
全て塩ビ製品の物よりも耐久性はあると
思います。









c0019551_20192156.jpg




 床下は根岸の家同様に綺麗でした。













c0019551_20194494.jpg




見積もり時に予算オーバー
子供室の床をフローリングを貼らずに
唐松化粧合板を使いました。
ベニヤと侮るなかれ違和感なく馴染んで
経年変化も良い感じです。





















c0019551_20193677.jpg



大型建具の調整をしています。
吊りの引戸は調整が楽ですが1.5間の
引違い建具の鴨居が下がっていました。



by tanaka-kinoie | 2017-06-06 08:23 | Trackback | Comments(0)

ブラックチェリー材 テーブル

7月8日(土)、9日(日)に完成見学会が行われる『中里の家』
そのお家の為におつくりしたブラックチェリーのテーブルがほぼ完成しました。
本日はそのテーブルの高さと塗装の種類、脚や天板の出隅のRの角度などの打ち合わせを行いました。
弊社では家づくりをされて頂いた方には徳値でテーブルをご提供しています。
家づくりにかかわった大工がつくるテーブルはお客様にも喜んで頂いています。
完成見学会でお披露目となりますので是非お越しください。

c0019551_17560630.jpg


幅は92cm 長さは182cmと大きなテーブルです。
脚が天板外側に位置するので内寸が大きく、
椅子が3脚入ります。
周辺が空けば8人掛けとして使えます。

















c0019551_17574395.jpg



天板と周辺の框には目透しと言う手法で隙間があります。
デザイン的な部分と万が一木の反りむくりで隙間が空い
ても目立たないという利点があります。

















c0019551_17580677.jpg



小泉誠さんデザインのR定規です。
材の出隅(角)をR加工する際のにRの大きさを
決める目安がこれでわかります。
0.5R~6Rまであります。













by tanaka-kinoie | 2017-06-04 17:58 | Trackback | Comments(0)

大工の手 『わざわ座』新作テーブル

弊社で製作をして先日、ジャパンホームショーに展示をした 『わざわ座』 の新作テーブルKM・6
綺麗に写真を撮って頂いたので改めてここで紹介をします。

c0019551_8471979.jpg


ジャパンホームショーの展示の画像です。
大きさはW:1680×D:800×H:700

c0019551_847328.jpg
c0019551_8474089.jpg


脚はミズメ桜
天板、底板は杉Jパネル30mm
オスモフロアクリアーを2回塗りをして
仕上げに段ボールで軽く磨きました。



c0019551_8474858.jpg


引出しはウォールナットのkitokiトレーが
6ヶ並びます。

c0019551_8475567.jpg
c0019551_848169.jpg

Design: koizumi Studio
製  作: 座衆 田中工務店

by tanaka-kinoie | 2016-11-09 08:47 | Trackback | Comments(0)

わざわ座 ジャパンホームショー

先日開催されたジャパンホームショー
わざわ座ブースの展示の様子です。
今回は地元の名産、ゆかりのある布を使って座衆工務店各々がオリジナルの座を使ったクッションスツールをつくると言うテーマ。
フォルムが同じとはいえ、組み方も材の種類も座も違う、38脚のクッションスツールが並んだ姿は圧巻でした。
弊社は2脚のクッションスツールと新作テーブルを作成しました。
平日でプロ向けのジャパンホームショーですが一般の方々がご覧になっても十分楽しめる展示が『わざわ座』はもちろん、それ以外でもありました。
来年はうちのお客様にもお声掛けしてみたいと思います。

c0019551_197543.jpg

会場構成ももちろん小泉誠さん
白い段ボールを積んで並べて間仕切った全体を
更に38脚のスツールで囲んだ展示ブース
c0019551_1971314.jpg

相当数の展示の中でも際立っていました。
c0019551_1971945.jpg

多くのお客様に来場を頂きました。
これで座衆工務店に加わって頂ける方も
増えると思います。
c0019551_1972774.jpg

それぞれの座衆が趣向を凝らして製作した
38脚のクッションスツール
c0019551_197385.jpg


弊社の展示スツール
座の布地はリサイクル素材の使い方が上手な
gunungの手によるもの。
ピンクの麻入りの帆布とパッチワーク
脚はブラックチェリーの端材でつくりました。
結構目立っていました。



c0019551_1974581.jpg

新作テーブル
デザインをした小泉誠さんからも出来栄えと
材料使いにお褒めの言葉を頂きました。
脚は弊社秘蔵のミズメ桜
2枚のJパネルとの相性も良かった。
もちろん竹平大工の腕の良さもあってこそ
Jパネル天板は前日に私めが天板の2度塗りをして
磨きました。
自分も製作に携わって感が少しあります。(笑)
グッと良い雰囲気となりました。
c0019551_1975215.jpg

話は変わってエクスナレッジのブースです。
一番手前の置いていただいておりました・・・・(笑)

by tanaka-kinoie | 2016-10-30 17:36 | Trackback | Comments(0)