カテゴリ:自分の思い( 74 )

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
今年の口開け仕事は事務所の改装工事からです。

新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16065903.jpeg


昨年もご紹介した働く家具『働具』
事務所の改装を考えていた矢先の事、一昨年のジャパンホーム
ショーで事務所用の家具の企画案がありモデルプラン的に弊社が
のった形です。

旧事務所スペース
ここに5人がおりましたが年末にスチールのオフィス用家具を
撤収して3階に引っ越しました。
まずはフローリングを張り替えて刷新します。
状況はまた投稿しますが照明プランなどの検討もあるので
素早くとはいかなそうです。





新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16070418.jpeg



といきなりスキー場ですが4年目になる年末例年の家族スキー。
これぐらいしか家族旅行に行けていないのですがどこも雪不足と
言われる中で志賀高原スキー場は標高も高く、降雪もあって
コンディションは良かったです。

ここはホテルの正面に見える一ノ瀬ダイヤモンドの風景です。
早朝から競技スキーヤーのポールトレーニングが始まっています。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16070835.jpeg



3歳からスキー始めた娘もずいぶん上手になりました。
多少の不整地でも新雪も急斜面でもなんとか滑ってこれるように
なりました。
今年は板のお陰かいきなりずれの少ないカービングターンで
滑っていました。

偶然ウェアがかぶっていますがお揃いというわけではありません。(笑)
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16071174.jpeg



一ノ瀬 タンネの森鐘の鳴る丘レストランに飾ってあった珍しい
小賀坂スキーに反応してしまうのは自分ぐらいでしょうか?
札幌オリンピック代表の片桐美雪さんのスキーは滑降用?
(SAJのヘッドコーチで同じく札幌オリンピック代表あった古川年正さんの奥様)
当時では普通とは言え、良くこんな細いスキーで滑っていたのだと感心します。
またこのスキーのデザインが東京オリンピックのポスターで有名な
亀倉雄策さんであることにも驚きました。

3日間滑って30日の夜に志賀高原を出発
妻の実家のある名古屋まで移動しました。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16071564.jpeg




大晦日から名古屋でゆっくり過ごし
元旦には派手な印象のある名古屋にしては地味な小松菜だけ
のお雑煮ですが美味しく頂きました


正月飾りも少なく東京より地味な正月の印象です。


新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16071709.jpg



近くのショッピングモールで獅子舞を見ることが出来ました。
実は獅子舞の見るのは初めて
運よく娘と二人で獅子に噛んでもらえてよい厄払いが出来ました。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_19560782.jpg


2日は娘にねだられての映画鑑賞
『すみっコぐらし』『ドラえもん』『アナ雪』と
3つの選択肢がありましたが『すみっコぐらし』を押し切って
『アナ雪』を鑑賞
大人でも楽しめましたよ。




新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16072299.jpeg



例年
賀状の整理や年明けの計画など毎年仕事始めの2日前には出社
しています。
3日の早朝に独りで名古屋を出発
早朝であれば毎年、渋滞には巻き込まれません。
順調とは言え400キロ弱を5時間掛かり10時には会社に到着しました。

思わずきれいな富士山で立ち寄った由比PA です。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16072541.jpeg



休みの最後は波乗り初め
この寒さで海につかるとは異常だと家族に言われますがサーフィンも
ウェットスーツの進化で通年のスポーツになっています。
皆さんが思われるよりも暖かです。
但し着替えの時を除けばです・・・・(笑)
十年以上お世話になっている九十九里の北のポイント地元のサーファーの多いローカルポイントですが何とか混ぜてもらっています。
ローカルの方々に挨拶も済ませてまずまずの波乗りが出来ました。

本年もよろしくお願い致します。

by tanaka-kinoie | 2020-01-05 16:08 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

妻の誕生日祝い

妻の誕生日祝いを今年は弟の勤めるホテルにて行いました。
以前はその日さえ忘れることも多かったのですが・・・・ここ数年は一応忘れずにきちんとしています。(笑)
休みの少ない自営でもあってスキー以外の旅行も殆ど無いし苦労掛けているとは思います。
そんなこともあって身近な誕生日ぐらいは少し贅沢に。


妻の誕生日祝い_c0019551_16592662.jpg





お寿司コーナーからの夜景
新国立競技場も真ん中の奥に見えます。
























妻の誕生日祝い_c0019551_17002326.jpg





贅沢な天婦羅のコースはお寿司のネタになる
ような新鮮なもので揚げる前にきちんと並べて
見せて頂けます。












妻の誕生日祝い_c0019551_17002770.jpg





ニコライバーグマンの
フラワーボックス
持ち運びも便利だし活ける必要も無し
2回目なのですが喜んでくれたようです。









妻の誕生日祝い_c0019551_17003174.jpg








ケーキの蝋燭は妻の代理で娘が
消してくれました。









妻の誕生日祝い_c0019551_17003366.jpg







弟とも数年ぶりに再会
ツーショット写真も幼少のころ以来かも知れません。

by tanaka-kinoie | 2019-10-07 16:22 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

銀座に

仕事は楽しいですが休みが少ないのでストレス発散の方法はいくつも持っています。
波乗り、スキー、街歩きなどですが前者2つは時間が無いと難しいので街歩き(銀ブラ)をよくします。
大抵は週末の打ち合わせが終わった後に街に繰り出します。
新旧の建物巡りはもちろんデパートの催し、インテリアショップ廻り、ギャラリー散策など合間にしています。
上野周辺の大御所の展覧会なども行きたいと思っていますが並んでまで見ることはストレスにもなるので避けています。
デパートはデザイン的な催しの多い、松屋が多いですが小さなギャラリー、画廊の展示で見逃せないものも多いです。


この時期だと歩行者天国が終わる間際に到着
建物の照明がつき始めてウィンドウが行燈のようになる夜に入る間際の時間帯が好きです。
銀座に_c0019551_21153241.jpg


























老舗のとらや帽子店が目立ちます。
とても買える価格ではありませんがボルサリーノなど高級な帽子が気になります。
帽子など滅多にかぶらないのに欲しくなります。
銀座に_c0019551_21153472.jpg


























偶然にも松屋デパートにてデザインコミッショナー主催の掛け軸の楽しみと題した展示行われていました。
コミッショナーメンバーは当然ながら日本のデザイン界の重鎮の方々です。
こんな展示を独り占め
松屋しか出来ないこれらの企画にはいつも感心します。
銀座に_c0019551_21153800.jpg


















































会場の構成はたぶん小泉誠さん
白を基調に朱色のアクセント
掛け軸のひとつひとつがひきたってよけいに素敵に見えました。
銀座に_c0019551_21162964.jpg





























銀座に_c0019551_21163366.jpg


































小泉さんの掛け軸はとても地味目です。(笑)
遠目には無地に見えますが愛用する古伊万里の猪口のわじみを紙に写したものだそうです。
バランスよく写されていてよくよく見れば味わい深く鑑賞出来ます。
銀座に_c0019551_21163676.jpg











































モダン椅子を題材にした黒川雅之さんらしい題材
銀座に_c0019551_21181885.jpg














































川上元美さん
漢詩がテーマ
銀座に_c0019551_21182053.jpg












































会場で一番目立っていたのがこの掛け軸でした。
恭賀新春と題され新しい年号がはじまることも意味する一の意味は深いです。
銀座に_c0019551_21182310.jpg






























銀座に_c0019551_21182683.jpg


















































面出薫さん
闇がテーマ
銀座に_c0019551_21182956.jpg












































主目的はこちらでした。
ギャラリーゴトウさんで開かれていたガラス作家の扇田克也さんの展示
銀座に_c0019551_21183266.jpg




























HOUSEのコレクションは自宅にも3つ程ありますがどれとして同じ物もないこの色合いも良く
鋳造ガラスはいくつでも欲しくなります。
銀座に_c0019551_21183486.jpg































庭の要素と題された新作がありました。
銀座に_c0019551_21183776.jpg































お互いに面識はないそうですが二人の作家がHOUSEがテーマで結びつけられています。
こちらは版画家の山中現さんのリトグラフ
この絵も素敵でした。
銀座に_c0019551_21185358.jpg







by tanaka-kinoie | 2019-02-01 21:17 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

お客様からの年賀状

毎年仕事始めの前日に年賀状の整理をしています。
全てに目を通しながらお客様、協力業者、建築家それぞれにまとめ直しています。
工務店仲間や建築家の素敵な施工例や手書きの一言にも目が留まりますが、お客様からの年賀状が一番気になります。
定期点検や修繕でお会いしている方もいれば、ここ数年はご無沙汰の方と様々ですが
年賀状のお写真からは家族が増えた様子、幼児だったお子さんがご両親の背を超えている事に驚かされるなど現在の様子がうかがえます。

そんなお客様からの年賀状ではここ数年で多くなったのが家の温かさについての感謝のお言葉です。
もちろん弊社の家は高断熱、高気密であり先進的な断熱性能となっていますが温熱性能の良さを体感されてのご報告は嬉しいですね。

年賀状の内容以外でもよくお聞きするのは実家に行くと寒過ぎて我が家の快適性が実によくわかるとかです。(笑)

プライバシーから、そのままのご紹介は無理ですが今年頂きました年賀状の内容を一部切り取っていくつかをご紹介させて頂きます。




お客様からの年賀状_c0019551_14333252.jpg


築8年少々
『高砂の家』のお客様から
当時は温熱計算をしていませんでしたが
仕様規定で温熱等級4等級
当時のサッシはU値で4程度なのでQ値は
2.7以下としか言えませんがOMソーラーとPVが
搭載されており大きな空間もムラなく温め、省エネ性能も
優れたお家です。










お客様からの年賀状_c0019551_14335988.jpg





築数ヶ月の『飯山満の家』
高性能樹脂サッシ使用で温熱性能はHEAT20 G2レベル
近い数値で弊社の中でも上位の性能を持つ家で
OMソーラーが搭載されています。

昼夜問わず温度差が少なく、部屋ごとの温度ムラが無いようです。





















お客様からの年賀状_c0019551_14505764.jpg




築13年少々
『足立の家』のお客様から
当時は次世代省エネ基準
温熱計算をするような時代ではなかったですが弊社の断熱施工は
当時から厳格にされていたと思います。
東西に長い敷地でOMソーラーの屋根集熱が良好なお家です。
かなり早朝から家事をするとお聞きした奥様にとってベッドから
出るのが冬でも楽であると聞いています。




















お客様からの年賀状_c0019551_14352671.jpg




一昨年前の夏に竣工した
『中里の家』のお客様から
高性能樹脂サッシ使用で温熱性能はHEAT20 G2レベル
近い数値の性能を持つ家です。

昨年も同様のお言葉を頂きましたが変わらず快適であるとの
ご報告で嬉しいです。






お客様からの年賀状_c0019551_14551861.jpg




昨年の夏に杉並で竣工したお家のお客様から
路地敷地ながら吹き抜けを通じて日射取得もあり
温熱性能も良好です。
温水床暖房を使っています。






















お客様からの年賀状_c0019551_14555933.jpg



昨年竣工の
『田端の家Ⅱ』のお客様より
南向きで日射取得はかなり良好なお家です。
断熱性能はZEHレベルを上回る性能
メールでも同様に温くて快適だと聞いています。









お客様からの年賀状_c0019551_14563528.jpg



築10年を経過した
『市川国分の家』
子供たちの成長に驚きます。
10年の定期点検も終えて今後のメンテナンスについてはご夫婦と
打ち合わせをしています。







お客様からの年賀状_c0019551_14570324.jpg




築1年少々
『荒川の家』
テーブル作成のご依頼を受けています。
新築時はもちろんですが少し落ち着かれてからの家具製作の
ご依頼も多いです。

オーダー家具として大きさも材料も自由に選べることをお客様は
ご存じで弊社に依頼を頂きます。
OBの方にはリーズナブルな価格でご提供しています。








お客様からの年賀状_c0019551_14574284.jpg





『坪井町の町屋』
10年点検を近日中に行います。

益々愛着をもって頂いているとのこと
嬉しい一言です。

設計:伊礼智設計室





by tanaka-kinoie | 2019-01-19 14:07 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

お正月の振り返り

仕事が始まって10日近くが経ちますが今年は久しぶりに12月28日から1月6日までの会社の冬休み通りに休むことが出来ました。
もしかすると田中工務店に入社以来初めての事かもしれません。
とはいえ現場は30日まで動いており監督も大工もぎりぎりまで出勤して、4日から始動していました。
誰かに任せて休むことが出来るというのはとてもありがたいことで感謝の念に堪えません。
そんなことで普段は遊んであげることが出来ない娘の為にだいぶ時間を割くことが出来ました。
恒例になった年末スキーはもちろん、七五三で神社でお参りして、公園に連れて行く、本屋に行くなど当たり前のことが出来ました。
最終日には久しぶりに初代の眠る目黒祐天寺の本家のお墓参りもしてきました。
先祖にも感謝して今年は躍進の年になるようにお願いをしてきました。

お正月の振り返り_c0019551_18023914.jpg




志賀高原はドカ雪でした。
しんしんと降り積もり1日で1mは積もっていました。
手前はうちの車ですがこれで12時間程度の積雪です。
駐車場脱出は四駆でも難儀する程でうちの車は
隣の車の雪掻きのお礼に押してもらいました。
晦日に名古屋まで帰郷











お正月の振り返り_c0019551_18024262.jpg







吹雪にはなりませんでしたが
こんな感じで降り止むこともなくしんしんと積もっていました。
まずまず軽めのパウダーに近い新雪を滑ることが出来ました。



















お正月の振り返り_c0019551_15314878.jpg



















大晦日と元旦は娘と公園に行ったりと正月らしいことも
せずに名古屋でゆっくりとしていましたが・・・・・



お正月の振り返り_c0019551_15264407.jpg


















志賀高原のドカ雪で満足に滑れなかったので
2日は近くの岐阜までスキーに出掛けました。(笑)


お正月の振り返り_c0019551_15264632.jpg



























花怜もだいぶスキーが上手になって大抵の斜面は中速で
滑ってこれるようになりました。

親の教え方が良いと思われます。(笑)




お正月の振り返り_c0019551_15172155.jpg


















3日は少しゆっくり
うちは娘の為にTV禁止令があるので(笑)
箱根駅伝はスマホで観戦
我が母校
この数年はシード権どころか予選会も勝ち上がれなかったのですが
今年は参戦しましたがいつものパターン
2区でアフリカからの助っ人が上位に入りまずがその後は
ずるずると順位を下げてシード権争いに何とか加わるも
残念でした。


お正月の振り返り_c0019551_15374578.jpg



















4日は初詣も兼ねた七五三
初詣で忙しい中
氏神様の神社さんは快く受けて頂きました。
日本髪に満悦の様子








お正月の振り返り_c0019551_15374804.jpg




























おみくじも大吉で幸先よく


お正月の振り返り_c0019551_15375716.jpg




























お正月の振り返り_c0019551_15425971.jpg


































5日は名古屋から東京に戻り
先祖のお墓参り
菩提寺の祐天寺のお隣のお寺に掲示されていました。
心がけている事ですが改めて心すべくお言葉です。

お正月の振り返り_c0019551_15431390.jpg



















祐天寺の仁王門
本堂なども目黒区の重要文化財です。
数年前に免震構造となった珍しい例
だと思います。

お正月の振り返り_c0019551_15432258.jpg


















お正月の振り返り_c0019551_15430979.jpg


















お正月の振り返り_c0019551_15430792.jpg


















お正月の振り返り_c0019551_15431643.jpg

















お正月の振り返り_c0019551_16002187.jpg
































































まだ包丁の扱いはおぼつかないですが
娘の作る七草粥は暴飲暴食の胃袋には優しくて
美味しく頂きました。




















by tanaka-kinoie | 2019-01-13 18:00 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

危険なブロック塀

先日の大阪でのブロック倒壊の痛ましい事故
同じような年頃の子を持つ親としては、いたたまれない気持ちでいます。

建築屋としブロック塀の施工法規である建築施行令第61条はよくわかっています。
建築確認を提出する際には新築の建物の法規の適合をはかるだけで無く、敷地内に不適合のブロック塀があれば指導を受け、建物完成時までに改善を行っています。
とはいえあちこちで見掛ける不適合なブロック塀の数々
正直まさか倒れはしないだろうと考えてしまっていました。


今回の事が風化せずに危ないブロック塀が一般人にも認識が深まる事を切に望みます。


防犯上や室内が見えないようにと高めにブロック塀が多いように思えますが生け垣などにすれば
周囲に対しても良い影響を与えるし、夏の涼しさにも寄与し、防火にも役立つと思うのですが・・・・
あまり使われているように感じませんが生け垣の助成金もある行政も少なくありません。



危険なブロック塀_c0019551_20140114.jpg






これは一般の方でも簡単にチェックが出来ます。
総じて築30年以上前のブロック塀に
多いと思います。

















危険なブロック塀_c0019551_20143136.jpg




子供でもわかり易い
イラストによる危険なブロック塀
















危険なブロック塀_c0019551_20150040.jpg




家と会社の間にあるブロック塀
裏側に控え壁があるかの確認は出来ませんが
軽量ブロックで無筋だと思われます。

子供にはこの白線の内側を歩くように言っています・・・・













危険なブロック塀_c0019551_20151618.jpg



ここも家の近くの危険なブロック塀
2mの高さがあるので崩れたりすれば大人であっても
ひとたまりもありません。
写真ではわかり難いですがあきらかに傾いているのです。

軽量ブロックで表面は風化もしていますし無筋である恐れが
高いです。






by tanaka-kinoie | 2018-06-28 07:18 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
田中工務店の始業は6日からでしたが本格的な業務は9日となります。
メンバーも少し入れ変わり新体制で臨む平成30年度は昨年以上に忙しい年になりそうですが何卒よろしくお願い致します。
お客様はもちろんのこと、社員およびその家族、妻、子供、自分自身も含めて関わりのある全ての人々が幸せな一年になりますようにお祈りしております。

昨年は例年に比べて波乗りに行ける回数が少なく腰痛や肩こりなど滅多に無い体調不良がありました。
家族からは、きちがいだと言われる真冬の入水であっても長年やってきたことです。
それが自分の健康維持、体調を整えることになっているのだと感じました。
60歳も間近に見据えて、体調管理、基礎体力の維持、向上にも努めていきます。

明けましておめでとうございます。_c0019551_11462649.jpg





by tanaka-kinoie | 2018-01-08 11:45 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

クリぼっち?


クリぼっち?_c0019551_08012092.jpg



仕事が忙しすぎて休みはとれず自分のプライベートな時間がありません。
とはいえ娘にはクリスマスは大事な行事と考えて地元の有名店で初めて
ケーキを予約しました。
売り切れの種類もありましたが自分好みでモンブランのクリスマスケーキを予約。
じつはこれが失敗でした・・・・・汗
妻の仕事の関係で急遽ケーキの引き取りを22日にしましたが
23日、24日は妻と娘は不在
そのうえ娘はmerry christmasとある板チョコをかじっただけ
生クリームがあまり好きでない上
リキュールが駄目だったことでケーキには殆ど触れず仕舞い

最近知った一人のクリスマス『クリぼっち』でした。
ケーキは無理やり半分食べて残りは会社で社員にお裾分け・・・(笑)

美味しいケーキでしたが大人のケーキでしたね。
クリぼっち?_c0019551_08012459.jpg


もう大抵の事はわかるので、子供だからとごまかせない年齢になりましたが
取りあえずサンタはいるとまだ信じているようです?
お城が出来る積み木が欲しいとのお手紙をサンタへ託されていましたの
でサンタは何とか探して届けました。
写真はありませんが深夜に帰宅すると綺麗に積み木は組み上がっていました。

来年は『クリぼっち』にならぬように家族と一緒にいられる
連休にしたいと思いました。

by tanaka-kinoie | 2017-12-27 08:03 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

Mini

計画のあるお客様のお宅のガレージにイギリス車のMiniがありました。
Miniといえば小さく可愛い車の代名詞という印象でしたが最近のは大型化してしまい自分が思うMiniらしさは感じませんでした。
詳しくはありませんがこれは年代の古いものらしくまさしくMini
アイデンティティー、イメージを崩さぬようにうまくデザインされて大型化されている物もあればそうで無いものもあります。
愛車のVolkswagenのGolfも同様に大型化して小ぶりであることの良さがなくなっている気がします。
一方でエンジンの排気量は低速ターボなどの技術向上によってダウンサイジング化されています。
EVが主流になるとはいえガソリン車も省エネで頑張っているのだと思います。
燃費の向上はもちろん、自動運転化はさらに進み、どんどん運転が楽になっていく半面で自分の好きに操る的な要素が少なく
なっているのは少し残念です。
安全、安心が進み省エネ化が進むという感じは昨今の住宅事情ともよく似ていますね。


Mini_c0019551_14182084.jpg



この丸みと曲線が建築の手仕事に通じるようで好みです。



























Mini_c0019551_14182648.jpg



 手入れも良くされていてピカピカです。
 樹脂が使われていないも好きです。



























Mini_c0019551_14182931.jpg





 ミッション車もたまに運転したくなりました。


by tanaka-kinoie | 2017-11-28 08:54 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

it's a Sony展 建築

前投稿のit's a Sony展
建築屋にとって嬉しかったのが当時の意匠設計図があったこと
通常の建築展であればプロが並んでいる状況でゆっくり見ることなど叶いません。
たまたま、建築関係者がいなかったのかじっくりと図面をめくって閲覧しました。
当時の生の青焼きでしたので薄くなっていて老眼には厳しい状態でしたが・・・(笑)

it\'s a Sony展 建築_c0019551_18235254.jpg

いつのものなのか?
ソニービルを設計する機会に恵まれて
と題した設計者芦原義信氏の寄稿
it\'s a Sony展 建築_c0019551_1824659.jpg

建蔽率100%のここに10坪の空地
坪1億数千万
そうなると10億単位
確かSONYの英断ですよね。
it\'s a Sony展 建築_c0019551_18241377.jpg

スキップフロアーと少し違う事になるのか?
当時としては画期的な構造だと思われます。
施工も大変だったのでは
今回のpart1ではこの構造が年代ごとの展示の
区切りと変化を生み出していました。

it\'s a Sony展 建築_c0019551_18242677.jpg

青焼きの竣工図
閲覧自由でゆっくり見ることが出来ました。
it\'s a Sony展 建築_c0019551_18241919.jpg
it\'s a Sony展 建築_c0019551_1824333.jpg
it\'s a Sony展 建築_c0019551_18243928.jpg
it\'s a Sony展 建築_c0019551_18244522.jpg
it\'s a Sony展 建築_c0019551_18245148.jpg

このアルミルーバーが売り出されるらしい。
価格は?

by tanaka-kinoie | 2017-02-16 18:25 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)