カテゴリ:見学会、住まい教室、他( 266 )

荒川の家Ⅲ 構造見学会

先週末に開催されました『荒川の家Ⅲ』の構造見学会の様子です。
敷地は24坪弱で敷地間口5.2mの奥行きは3倍近い15m弱
都内としては決して小さな土地ではありませんが車庫スペースや避難通路幅1.5mを取るために3.5mは最低でも必要。
両側の隣地間の空きスペースも必要
全面をすべて開口にすれば耐力壁も取る余裕が無くなります。
耐震性能は等級3を確保は弊社の標準なのでその為に特殊な狭小耐力壁ベースセッターを連続して並べて体力を確保しています。


c0019551_08562001.jpg













c0019551_08562399.jpg



建物間口は4095㎜
有効間口は避難通路+車庫スペースで3546㎜


c0019551_08563434.jpg



こちらが狭小耐力壁のベースセッター
靭性があ柱脚金物が強固に固定されており水平力に
抵抗します。
一方向ラーメンのように両側に袖壁が必要にはならず
片側だけ450㎜のスペースで済みます。










c0019551_08563959.jpg




5ヶ所並んでいます.












c0019551_08564691.jpg

















c0019551_09002011.jpg




180角の燃え代柱












c0019551_09002324.jpg




浴室内
中庭への窓があります。












c0019551_09002617.jpg

















c0019551_09003091.jpg



給水給湯配管なども構造見学会ではご覧いただけます。
設備の維持管理などについてもご説明を致します。

























c0019551_09020152.jpg








構造耐力壁についても様々なタイプがあります。
これは体力面材のハイベストウッドを使って柱の内側に
平らに納める方法。




















c0019551_09020147.jpg


















c0019551_09020922.jpg




地鎮祭から始まる現場の初期の工程から
示した写真を必ず並べています。
ここまでの工程がご理解を頂けると思います。













c0019551_09021149.jpg



















c0019551_09021487.jpg



2階リビングに採光を得るための吹き抜けと天窓の見上げです。
















c0019551_09021670.jpg






角にありますが囲まれた光庭























c0019551_09021929.jpg






1階の光庭を望む掃き出し窓
























c0019551_09022333.jpg



3階のホール的なスペース
準耐火構造は原則
柱、梁の現しは難しく燃え代設計を行う事で可能となります。
桧の柱と杉の化粧梁です。















c0019551_09023036.jpg


















c0019551_09022792.jpg



















c0019551_09023227.jpg























by tanaka-kinoie | 2019-04-11 08:10 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

「田中工務店流 この材料を使う理由」

先週末に『住まい教室』を開催致しました。

テーマは「田中工務店流 この材料を使う理由」

工務店においては部位毎に定番として使っている材料が必ずあるはず。
また弊社では逆に使わないと決めている材料もあります。
いずれにしても材料を選ぶ上ではそれぞれに明確な理由があってしかるべきです。

それらをにわかに判断して決めてきたことではありません。
建てた家の定期点検を行っていることで10年以降に知るような事象もあります。
長い年月の中で判断して決めてきた事柄が多々あるのです。
意匠性、美観上、耐久性、性能、品質、施工性などを踏まえた様々な観点から弊社がそれらを使うことにした理由をお伝えしました。
またフローリングなど多種多様にわたる樹種や種類など材料の特徴などもお話しさせて頂きました。


c0019551_19443458.jpg

























c0019551_15320369.jpg


















c0019551_15320317.jpg


















c0019551_15320327.jpg















c0019551_15320323.jpg
















c0019551_15320448.jpg

















c0019551_15320459.jpg



















c0019551_15320432.jpg



















c0019551_15320433.jpg


















c0019551_15320464.jpg


by tanaka-kinoie | 2019-03-27 19:33 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

『荒川の家Ⅱの見学会準備完了

荒川の家Ⅱの見学会が明日からの週末に開催されます。
大きな家なので飾りつけも大変ですがかなり色々なもの持ち込んで暮らしぶりの演出はほぼ出来ました。
ご来場は多いのですが一般のお客様と共に今回多いのがプロの方々
設計事務所、工務店、建材メーカー、住宅メーカーなど様々な方からの申し込みもありました。
お客様の見学が優先でありますが見学会会場が活気づきますし、それだけ弊社の家づくりが注目されていると前向きに捉えています。
まだ日曜日のお申し込みは間に合いますのでご興味がある方はメールで問い合わせください。
https://www.tanaka-kinoie.co.jp/event/9881/


c0019551_20413163.jpg

















c0019551_20413701.jpg

















c0019551_20414012.jpg

















c0019551_20414322.jpg





























c0019551_20414535.jpg

















c0019551_20440899.jpg

















c0019551_20441026.jpg

c0019551_20441631.jpg














































c0019551_20441944.jpg






























c0019551_20453167.jpg

















c0019551_20453553.jpg





























c0019551_20453995.jpg


by tanaka-kinoie | 2019-03-01 20:35 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

草加で木造2階建ての完成見学会を開催しました。

2/23、2/24 草加で木造2階建て完成見学会を開催しました。

『草加の家』は三十代ご夫婦とお子様がお住まい住宅です。

外壁はそとん壁
下屋のある2階建てに大きな軒先とケラバの出があり民家型の外観となりました。
道路側の北面である玄関回りの杉板張りが外観のポイントにもなっています。

1階は吹抜があるリビングと小上がり和室、下屋部分である勾配天井のダイニング

2階は吹抜にかかるブリッジと本棚、洗濯物を室内に干すことができるホール
各個室いうゆったりとした構成になっています。

耐震等級3、断熱性能もゼロエネルギーハウスの基準を上回る4等級

長期優良住宅の性能をゆうに上回り、地域型グリーン化事業で補助金を受給します。

c0019551_18045333.jpg

























c0019551_18045317.jpg










































c0019551_18045438.jpg










































c0019551_18045408.jpg










































c0019551_18045493.jpg








































c0019551_18045457.jpg


























c0019551_18045484.jpg


























c0019551_18045430.jpg


























c0019551_18045470.jpg


























c0019551_18045566.jpg







































c0019551_18080275.jpg



























c0019551_18080277.jpg


























c0019551_18080230.jpg



























c0019551_18080236.jpg



























c0019551_18080285.jpg







































c0019551_18080338.jpg







































c0019551_18080349.jpg







by tanaka-kinoie | 2019-02-25 18:04 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

荒川の家Ⅱの見学会

3月2日(土)、3月3日(日)に荒川区で木造3階建て住宅の完成見学会を開催します。
画像は先週末の進捗状況ですが足場も外れて木工事も終了
建具の吊り込みが終わればもう少しで完成します。



黒のガルバリウム鋼板の外装
南面が空地で開かれている好立地な敷地です。
c0019551_15251708.jpg





























1階は小さな店舗と車3台が余裕で入るガレージがあります。
c0019551_15251778.jpg


























木製の玄関引戸防火仕様が義務付けられる道路中心より3m以内の延焼ラインから外れているので
防火戸の規制はありません。
※木製ドアの防火戸はありますが一般的に大臣認定の木製引戸の防火ドアはまだありません。

一般的には玄関はアルミ一辺倒ですが弊社では出来る限り木製をお勧めしています。
断熱性が良いのはもちろん、無機質なガルバリウム鋼板の外装にもよく合います。
c0019551_15251706.jpg





























2階リビングダイニングには屋根のある大きなバルコニーがあります。c0019551_15251779.jpg














































1階のガレージ内
ガレージの高さを利用したコックピット的な中2階のスペースがあります。
c0019551_15251760.jpg




























中2階のスペース
ガレージ内の車を見下ろせる開口もあり、きちんとした断熱も行っています。c0019551_15251702.jpg

c0019551_15251844.jpg

















































構造的には高強度のLVLが必要でしたがそれでも天井懐からは余る大きな梁成となりました。
こちらも燃え代設計により現しています。
右奥はダイニングスペース
コーナー的にバルコニーがあります。
c0019551_15251816.jpg



























ダイニングスペースの突き当りは杉板張り
造り付けのベンチを設けています。
c0019551_15251853.jpg



















c0019551_15251819.jpg































リビング続きの和室コーナー
燃え代設計のLVLが連続してあります。
c0019551_15291271.jpg































和室の堀座卓スペース
c0019551_15301869.jpg





























吹き抜け部分
c0019551_15301860.jpg




































c0019551_15301807.jpg















































浴室はハーフバス+さわら板張りc0019551_15301872.jpg














































洗面台のカウンターはレッドオークです。
c0019551_15301888.jpg






























吹き抜けに面してデスクコーナーがあります。
c0019551_15301942.jpg






























c0019551_15301908.jpg






























許容応力度で構造断面を計算して燃え代を足した2階~3階までの大黒柱的な6寸角と4寸幅の
梁があります。
c0019551_15301983.jpg




c0019551_15301941.jpg


by tanaka-kinoie | 2019-02-19 15:23 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

『草加の家』の見学会

今週末の2月23日と24日に見学会を開催する『草加の家』先週末の進捗状況です。
内部の建具の吊り込み、外構工事などがまだ工事中ですが今週初めに完成して見学会の準備をしてお披露目です。
まだまだお申し込みの受付も出来ますのでお時間ある方はお越し下さい。
https://www.tanaka-kinoie.co.jp/event/9668/




道路側は北面です。
敷地が広く、東西間口が大きいので建物いっぱいに望むことが出来ます。
敷地に余裕があるので屋根は軒先も両側面のケラバ側も伸ばすことが可能となって民家型の様相となりました。
c0019551_08020791.jpg






























外壁は耐久性の高いそとん壁を使っています。
そとん壁で多いのが搔き落とし仕上げ
固まる前に剣山で表面を搔きとって凸凹の陰影を出す、和風住宅で使われる代表的な仕様ですが今回は正面に関しては
櫛で横方向に模様を出す 三条大波仕上げとしています。
玄関周辺は杉板張りでアクセントにしています。
c0019551_08020851.jpg




























玄関はユダ木工の桧の木製ドア
断熱性能も高いドアです。
c0019551_08020812.jpg





























玄関ホール
1階の床材は唐松の赤身の節無しを貼っています。
c0019551_08020804.jpg













































リビングの吹き抜け
南側に少し余裕があるとはいえ高い部分からの採光はかなり有効です。
c0019551_08020889.jpg













































小上がりの和室
コーナー的に式台があります。
材料は良材の洋桜(ブラックチエリー)です。
c0019551_08020825.jpg



















c0019551_09121887.jpg































下屋になっているダイニングコーナー
南面ですが隣地にもちかく開口を少し絞った横長窓です。
天井はシナベニヤを貼りました。
c0019551_09413183.jpg
































2階の南面
吹き抜け方向を望む
c0019551_09420893.jpg






























吹き抜けに面した大きな開口部
開閉も容易に行えるようにキャットウォークを設けています。
c0019551_09423074.jpg












































階段は余裕をもってあがれる緩勾配です。
階段材は飛彈の唐松材です。
c0019551_09475684.jpg































by tanaka-kinoie | 2019-02-18 08:05 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

2018 夏休み親子工作教室

遅くなりましたが先日終了した夏休み親子工作教室の模様です。
今年で20年目をむかえました。
土曜日の午前午後で15組
子供大人あわせて36人の皆さんにご参加を頂きました。
猛暑で開催も危ぶまれましたが会場内は風が抜けて比較的過ごし易く、工作に集中して頂けたと思います。
今年は初参加が半分以上でしたが大工2人に社員3人でサポートさせて頂きスムーズに進めることが出来ました。
慣れない作業に最初は戸惑い、親任せになってしまう時間もありましたが最後は夢中で釘を打つ姿を皆が見せてくれました。
そんな姿を20年間も見てきました。

ヒノキの鉋掛けのコーナーも殆どの子が初体験
ペーパ掛けと鉋では滑らかさが違う事を説明しました。
木(ヒノキ)に芳香があることを初めて知った子が多かったと思いますがみんな自分削った鉋屑を丁寧に集めて帰りました。
楽しげにお風呂に浮かべると言っていたこともいました。(笑)
ブックラック、道具入れ、スツールなど自分で作った物を日常生活で利用できる事は小学生にはまだ少ないと思います。
大事につかってくれるでしょうね。

c0019551_14263928.jpg



















c0019551_14263915.jpg

















c0019551_14264030.jpg


















c0019551_14264089.jpg

















c0019551_14264031.jpg

















c0019551_14264074.jpg





























c0019551_14263956.jpg





























c0019551_14263999.jpg





























c0019551_14263885.jpg

























c0019551_14263834.jpg


by tanaka-kinoie | 2018-08-13 14:30 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

『田端の家2』見学会終了

『田端の家2』の見学会が終了
日曜日には無事にお引渡しを致しました。
こちらの御客様とのご縁はいくつかの偶然からでした。
9年前に弊社で建築をした『田端の家』の前を何度も通りががっていて気にして頂いていた事や近くの図書館に私の著書である
『木造住宅納まり図鑑』が置かれていてご覧頂いていた事などで
『日暮里の家』の見学会のご来場を頂き、家づくりのご縁となりました。


c0019551_16123351.jpg




外壁はダークブラウンのガルバリウム鋼板波板
準耐火構造3階建て
面積的にぎりぎりでしたが長期優良住宅の認定を取得しました。
耐震等級は3等級
一次エネルギー消費等級は5等級
断熱性能であるUa値0.54
2020年基準値の0.87はもちろん先進的な基準値である
HEAT20のG1レベル0.56を上回っています。















c0019551_16123912.jpg







ダイニングスペースからスタディーコーナーを見る










c0019551_16124200.jpg










仕切りの壁の
左がダイニングスペース
右がリビングスペース






c0019551_16124513.jpg













リビングスペース





c0019551_16124841.jpg


















c0019551_16125467.jpg




















階段上の天窓です。











c0019551_16125052.jpg



 



 







 
 







階段の仕切り壁
壁の両端に手摺がありますが端部にも手摺を付けて
廻り部分での安全性も高めています。





c0019551_16125964.jpg















 















c0019551_16130477.jpg


3階の畳スペースは書庫コーナー
天井はシナベニヤで仕上げています。



























c0019551_16130663.jpg








 



 


















c0019551_16130923.jpg








by tanaka-kinoie | 2018-02-27 16:11 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

改修工事 2題

弊社の工事は新築工事ばかりのように思われがちですがもちろんリフォーム工事も請け負っています。
現在は杉並区の天沼と文京区の本駒込にて改修工事を行っています。


こちらは杉並区天沼の様子
接道条件により再建築不可能な家を購入されたお客様
段階的に工事を行う事となり今回は1期工事となります。
外壁をいじらずに一部増築部分や内部の壁を壊して耐震補強と断熱改修を行います。
外見ではわかり難いですが壊して見ると色々な様子がわかったり、意味不明な事も出てきます。
いわゆる御神楽と言われる平屋に一回り2階を増築したような跡もあり、それを支える為に鉄骨の柱のような物も見つかりました。
断熱材の充填は無し、構造壁になるような壁も内部には無いので外周部のみで構造耐力をとります。
2階からの解体なので恐れている柱の足元の劣化具合はまだわかりません。

c0019551_14551867.jpg




2階は比較的地代が新しいのか
鋼板の外装の裏側が見えています。
無断熱です。
























c0019551_14552256.jpg













1階は50年以上は経過しているようです。
木舞壁です。

















 


こちらは本駒込の家の様子

c0019551_15190830.jpg





こちらは天沼より建物は小さいですが骨組みだけ残して
耐震、断熱、設備、内外装の殆どを直しています。
骨組みにするとかなりの劣化と腐朽が見つかりました。
雨水の排水と基礎の高さが低い為に北側の管柱の
殆どを交換しました。













c0019551_15191421.jpg








無筋の基礎を炭素繊維にて補強して土台も交換
しています。













c0019551_15254529.jpg


















c0019551_15255036.jpg









丸太梁にしても断面が小さくて軟です。














c0019551_15260395.jpg









玄関、階段部分は腐朽、食害もあって殆どの構造材が
使い物にならず構造材の殆どを交換しています。

by tanaka-kinoie | 2018-02-17 13:31 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

『田端の家』構造見学会

現在工事を進めている『田端の家2』
週末に構造見学会を開催し、数組のお客様のご来場を頂きました。
構造見学会は構造材や配線配管、断熱材がむき出しの状態で公開をしますので完成時には見えなくなる壁内の工事途中の段階をご覧頂けます。
完成時の見学会とは違い、ご来場者は少ないですがどこでも行っている事ではありません。
弊社では必ず行っておりますので次回もお時間あればご来場ください。
木造3階建てですが2階までは仮設の簡易階段でご覧頂きました。

c0019551_11161860.jpg


構造材と断熱材の充填状況がご覧頂けます。
断熱材は硬質ウレタンフォームです。
サッシは樹脂複合のサーモスL 













c0019551_11161846.jpg



地盤改良工事から現在までの状況を画像にて時系列に
表示してあります。














c0019551_11161827.jpg



















c0019551_11161816.jpg




















c0019551_11161738.jpg




















c0019551_11291159.jpg




2階への仮設階段
手摺ももうけて上がって頂けるように
してあります。
























c0019551_11301766.jpg



耐力壁が内部の間仕切りにも多いです。
耐力面材を両面に張ってある高倍率の壁です。















c0019551_11320808.jpg




案内板を設けてひとめでわかって頂けるように
してあります。


























c0019551_11321349.jpg
































c0019551_11321822.jpg























c0019551_11311843.jpg
































c0019551_11414998.jpg



屋根は200mm厚の
硬質ウレタンフォーム
















c0019551_11415309.jpg



















c0019551_11415749.jpg



配線や配管の状態がご覧頂けます。
ここはキッチンの下側です。




by tanaka-kinoie | 2017-12-11 11:20 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)