<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

外壁板張り 天竜焼杉

弊社では主にガルバリウム鋼板の外壁を使っています。
木とのマッチングも良く、比較的リーズナブルで耐久性もあるからです。
金属の質感がお嫌いであれば湿式となり工事費は若干アップしますがそとん壁を使うことが多いです。
ここでは理由は述べませんがどこでも見かけるサイディングは使っていません。

最近ではお客様からの要望により何軒で使った板張りの外装も好ましく思っています。
都会で板張りなの? 燃えないの? 耐久性は?
って思われるかもしれませんが不燃下地との組み合わせで準防火地域でも使う事は可能です。
材の選択と使い方によってはメンテナンスが特に大変だとか前者に比較して耐久性が劣る事もありません。
板張りでは秋田杉が多く、特に腐りにくい部位である赤身板を使っていましたが最近になって静岡で焼杉をつくっている工務店さんから見本板を送って頂きました。
18mmと厚みもしっかりあり炭化層が深く、幅も225mmもある杉の産地では有名な天竜材の焼杉です。
近日中に社屋の車庫外壁に張ってみる予定ですが墨も手につくので持ち易いように見本パネルをつくってみました。
都内近郊ではまず見ない外壁ですので使いたいと言う方が現われれば目を惹くことは間違いなしです。
秋田杉赤身の外壁も車庫に張りますので荒木の素の雰囲気と焼杉の黒と2種の材料を比べてもらえれば良いかと思います。


c0019551_17371109.jpg


『北国分の家』
外壁は秋田杉赤身ひき板に押し縁
くどうはじめ材木店の杉板です。
 



 

 設計:田中敏溥建築設計事務所
 施工:田中工務店
 写真:垂見写真事務所 垂見孔士







c0019551_17371790.jpg




『北国分の家』
 玄関下屋





 設計:田中敏溥建築設計事務所
 施工:田中工務店
 写真:垂見写真事務所 垂見孔士







c0019551_17372515.jpg


 




 この焼杉の施工例です。
 残念ながら弊社の建物ではありませんが焼杉と
 木製サッシとのマッチングが良く
 独特の趣があります。
 
 設計施工:扇建築工房








c0019551_17372243.jpg




 



 こちらも扇建築工房さんの施工例
 建物周りの植栽も素晴らしいです。



 設計施工:扇建築工房







c0019551_17372913.jpg



 






 焼杉板見本パネル
 墨が付くので枠を回しました。

焼杉のつくり方








c0019551_17373222.jpg


 








 厚みが18mmあるので炭化層を深くする事
 が可能です。
 そのぶん耐久性が高くなると思います。


by tanaka-kinoie | 2018-01-24 15:54 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

真冬ですが・・・・

最近の寒さは特に厳しいものがありますが休みがとれれば海に向かいます。
波が多少悪くても2時間程度の波乗りは腕、肩、腰、首に負荷の掛かる良いトレーニングになります。
昨年後半は行ける回数が少なかったばかりに正月スキーは腰にきて辛かったです。
負担の掛かる腰も波乗りを続けていれば腰痛になる事もありません。
毎週と言う訳には行きませんが波乗りは体力維持には欠かせないと思っています。
この時期に海につかると言うことで健康維持にはなっていないと思いますが・・・・・(笑)

c0019551_18275425.jpg

ここは花籠と言われるサーフポイント
南房総市の和田町にあります。
初乗りは南下しました。
ホームの千葉県旭付近は九十九里の最北端
こちらとは100キロ以上離れています。







c0019551_18281971.jpg
ホームとは違い
水の色が青く、透明度も高いです。
また大きく違うのが水温
こちらは3mm 5mmのウェットスーツで問題無し
グローブはもちろん ブーツも不要な温かさで
キャップなどあり得ない海水温なのです。

ホームの千葉北と比べると氷水とぬるま湯
ぐらいの差があります。







c0019551_18291028.jpg
さすが南房総
水仙があちらこちらに咲き乱れています。
道端に群生しているところも珍しくありません。















c0019551_18343760.jpg



こちらは先日の週末
ホームに向かう途中の外気温です。
5時起きで海に向かいましたがこの日は
特に寒く-3℃でした。










c0019551_18351841.jpg



ホーム近くの堀川浜で入水
水温は南房総に比べればかなり低いです。
ドライスーツとはいえ中の着込み方が甘かったので
北風が吹くと背中は寒かったです。
2時間入水
波はいまいちでしたが良いトレーニングになりました。

寒さはともかく千葉北上は南房総よりも圧倒的に人が
少ないので波数つかめます。
これからがいよいよ冬本番 
波乗りも今やウィンタースポーツです。




by tanaka-kinoie | 2018-01-15 18:11 | 波乗り | Trackback | Comments(0)

マンションリノベのお引渡し

今年初めてのお引渡しがマンションリノベでした。
昨年の暮れに完成予定でしたが暮れの引っ越し代が高額である事などから無理をしないで引越しをすると言う事で年明けのお引っ越しとなりました。
水回り全てと内装は刷新しましたが外周部はそのままにして間仕切りと天井を半分程度壊し、古い建具も使用しています。
角部屋にて2面が外壁に面していますがお互いに了解のもとに断熱性能向上は行わずに予算内で優先順位を決めて可能な事を
行ないました。
とはいえ工事前とは全く違う雰囲気となりました。

c0019551_20182144.jpg玄関から廊下を見る
床は唐松材の節有り

c0019551_20190357.jpgリビングの隅にある
スタディーコーナーと本棚

c0019551_20201612.jpgスタディーコーナー
カウンターは楢材の幅接ぎです。

c0019551_20250995.jpg間仕切りの向こう側は子供室です。

c0019551_20360541.jpg左:リビング
右:和室

和室入口の建具は既存の
建具の再利用

c0019551_20364161.jpg

c0019551_20453144.jpg

c0019551_20401600.jpg
和室
障子は既存の物を利用しています。

by tanaka-kinoie | 2018-01-09 19:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
田中工務店の始業は6日からでしたが本格的な業務は9日となります。
メンバーも少し入れ変わり新体制で臨む平成30年度は昨年以上に忙しい年になりそうですが何卒よろしくお願い致します。
お客様はもちろんのこと、社員およびその家族、妻、子供、自分自身も含めて関わりのある全ての人々が幸せな一年になりますようにお祈りしております。

昨年は例年に比べて波乗りに行ける回数が少なく腰痛や肩こりなど滅多に無い体調不良がありました。
家族からは、きちがいだと言われる真冬の入水であっても長年やってきたことです。
それが自分の健康維持、体調を整えることになっているのだと感じました。
60歳も間近に見据えて、体調管理、基礎体力の維持、向上にも努めていきます。

c0019551_11462649.jpg





by tanaka-kinoie | 2018-01-08 11:45 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)