<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ティッシュペーパーBOX

会社の打ち合わせコーナー用に新しいティッシュペーパーBOXを購入しました。
製作は友人でもある大阪の工務店『蔵家』の居藏君
彼はアイデアマンであり家づくり以外にも無垢の木を様々な木の小物を製作をしています。
これは新製品で最初は限定20ヶとか
プロでも魅力的な製品 いやプロだからこそ余計にこの製品の魅力がわかりましたので弊社でも購入しました。
彼のSNS発信もあって最初の殆どが工務店仲間などプロの注文だったのではないでしょうか?(笑)
そんな木の小物も様々なものがあり彼の営む『藏堂』から購入が出来ます。


箱の材料は楢の柾目板
柾目材は形状が狂い難くて扱いやすく見た目も上品です。
写真ではわかり難いですが金属の上蓋は真鍮の磨き仕上げ
楢の飴色と良く合うし、金属特有の変化もましてくると思います。


c0019551_22134432.jpg




コーナー部分の雇いは濃色の堅木を使って
アクセントになっています。











c0019551_22134622.jpg
















右のちいさな盆は弊社のオリジナル
角の接合部の留めは材が薄いので雇い材を使い
それが両者ともにアクセントになっています。








c0019551_22134822.jpg


















角の留めの雇い
ティッシュペーパーBOXは3ヶ所
お盆は1ヶ所




















by tanaka-kinoie | 2018-12-25 22:14 | 小物 | Trackback | Comments(0)

荒川の家Ⅱ 木工事追い込み中


『荒川の家Ⅱ』
車3台が置ける車庫のある木造3階建ての住宅の進捗状況です。
木工事は佳境に入っておりベテラン4人の大工で進められています。

c0019551_18283868.jpg



車庫の内部
3台の車が余裕で置けます。
天井高さも低い、コックピット的な部屋が
ありガレージが見渡せます。
この部屋の真下には車高の低い
イギリス車が納まる予定です。










c0019551_18293325.jpg










そのコックピット的な部屋からガレージ方向の
開口部を望む
天井高さは2mを切りますが落ち着いた空間













c0019551_18300187.jpg










3階のホールにある燃え代柱と梁
都市部の準防火地域では構造体を石膏ボードで
被覆するのが一般的ですがここでは現わします。
木はゆっくり燃える性質があり1分で1㎜程度燃えます。
準耐火45分の防火性能に合わせて構造上で問題ない断面を燃え代分肉厚にしています。
そうすることで無垢の木材を現すことが可能と
なります。












c0019551_18300350.jpg

















柱は紀州材の桧
梁は同じく紀州材の杉です。




c0019551_18304054.jpg

















こちらは2階リビングの小上がり和室
下部には定番の引き出しがあります。
天井は構造材のLVLの現しになります。
エンジニアリングウッドですが積層部分が
意匠的にも面白い材です。



c0019551_18304386.jpg






















1階では道路中心線より3m以上離れれば
防火規制のある延焼ライン内から外れます。
そこで対応のない引戸でも可能となりました。
また天井材は36㎜の肉厚の杉のJパネルを使い
こちらは延焼ライン内であっても木材の現しを
可能としています。


by tanaka-kinoie | 2018-12-24 18:31 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

10年経過したハーフユニットバス+板張りのお手入れ

ハーフユニットバスに壁天井板張り仕様の浴室はこの十数年で50棟を超えて施工をしています。
板材はさわらが多く、能登ヒバ、青森ヒバ、ヒノキなど天然木のみを使っています。
板にはカビからの保護はもちろん、木の芳香を妨げずに通気するような塗料を使っています。
また板の裏側には通気胴縁を設けて板を浮かして張り、空気が通り乾燥しやすいように施工しています。
とは言え、撥水効果のあった塗料も年々と効果が落ちて経年で浸みつくようにカビが付着
容易には落とせない状態になっている事がままあります。
稀にカビの発生が少ないお宅もありますが最終の入浴者が壁天井を拭いて、窓を開けて換気扇を回し、サーキュレーターを使って
湿気を極力排除するなど徹底した湿気除去対策をしています。
さすがにこれは誰でも真似が出来ることではありません。

最近は高耐久のセラミック塗料を使っており、以前よりもカビが生え難くなると思いますが10年前後の定期点検では
カビ対策に対してご相談が多いです。
以前は大工が1日浴室に閉じこもって表面をペーパーで全体を研磨、ひどい個所はカンナで削ったりしていました。
ある程度までは綺麗になるのですが材の凹凸などもあり効率も悪い作業でした。
そんなことで良い方法を模索していましたが新築時の引渡し前のクリーニングでお世話になっている業者さんが木材の洗浄や
灰汁洗いなどの特殊技能も持ち合わせていることもあってそちらに相談の上でお願いをすることにしました。




c0019551_19424278.jpg





11年経過した浴室
さわら板張り
浴槽に沿ってカビが生えてしまいます。
























c0019551_19424023.jpg

















特に石鹸カスが付着しやすい洗い場周辺
鏡やリモコン、シャワーフックなどの障害物がある
部分はどのお宅でも見られます。

※注 写真でわかり難いので画像を加工してカビ部分を強調しています。


c0019551_19432570.jpg


施工中の写真はありませんが最近行っているのは
洗い、灰汁抜きといわれる技術での洗浄作業
社寺仏閣の現し木部の灰汁洗いや洗浄なども行っている
業者さんにお願いをしています。
これ以外にも様々な種類の薬品を用意していました。

苛性ソーダを使いアルカリ性にしてから酸で
中和するそうです。
その後にブレンドしたアルカリ液で再度染み抜き
を行い、そしてまた酸で中和するを繰り返すとのこと
1日掛けて辛抱強く施工します。






c0019551_19440067.jpg






洗いを行った後
少し白茶けていますがカビは殆ど消えて
素地の状態になっています。






















c0019551_19444935.jpg





















特に汚れていた洗い場正面も綺麗です。




















c0019551_19452567.jpg











浴槽付近の下部のカビも汚れも無くなりました。













c0019551_19454305.jpg






























c0019551_19461162.jpg




翌日にけば立った部分には軽くペーパー当てて
セラミック塗料を3回塗布します。
乾燥が早いので1日で施工完了します。

このセラミック塗料は大阪の工務店社長が1年間
風呂椅子に使ってカビが生えなかったと聞いて使い始めました。
弊社での実績はまだ少ないですが耐久性に期待しています。












c0019551_19463489.jpg










写真では半艶の状態となっていますが
木の素地の状態と変わらずに自然の状態です。




















c0019551_19470636.jpg















一番汚れていた部分もすっきりしました。

今現在、定期点検を行い
主に私の代で田中工務店が施工してきた100軒を超える家のメンテナンスを行っています。

築15年を超えてメンテナンスが必要な家では様々な事象が現れています。
屋根、ベランダ、外装の老朽化、給湯器の設備機器交換、内装模様替えなど代表的な事柄もあり。

その他に我々なりに独自に使っている材料や施工方法のメンテナンスをきちんと最初から明示出来るようにしています。
そうすれば設計時点から何のご不安もなく、ご採用を頂けることになります。
メンテナンス方法も日進月歩です。
工務店ネットワークによる、全国の工務店同士の生の情報も共有
しながら最良の方法、物を取り入れています。



c0019551_09485667.jpg








稀に湯水の掛かりやすい部分の材料を変えて
タイルや浴室用ボードにする方法もありますが
基本的に弊社では耐候性の高いセラミック塗料を
使うことでカビの発生も少なくなることと
すっきりと見せたい事もあって同様の事例は殆ど
ありません。






by tanaka-kinoie | 2018-12-17 07:19 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

わざわ座 子供椅子

少し時間が経ってしまいましたが11月20日(火)、21日(水)、22日(木)の三日間
ビックサイトにてジャパンホームショー2018が開催されました。
その中で大工の手展覧会として「デザインを味わう、こども椅子」展が企画され全国のわざわ座座衆(メンバー工務店)より34点のこども椅子が出展されました。
会場構成はもちろん子供椅子のデザインは小泉誠さんです。
基本のフレームの形とデザインは決められていますが背板と座板のデザインは材料も含めてほぼ自由
メンバー工務店の座集が好きに決めてよいことになっています。
もちろん弊社も応募させて頂きました。
展示箱にはどれが好みだったかを投票出来るようにスリットが開いています。
どれが1番だったのかはそのうちに発表があると思います。

c0019551_19112876.jpg


















c0019551_19113175.jpg












こんな風に会場の展示を囲むように
力作の子供イズが並べられていました。











c0019551_19113403.jpg
















c0019551_19132588.jpg


























c0019551_19142897.jpg






































c0019551_08174275.jpg

































製作中の子供椅子のフレーム
中堅の竹平大工が担当しました。
材は普段から使っている造作材の米栂材
柾目材で使い易い材料です。









c0019551_08174447.jpg


























チークや栃、アッシュ、楢、栗、タモなどの
在庫を並べて材使いの検討をしました。





c0019551_19150923.jpg


c0019551_19191115.jpg
















そして試行錯誤の上出来た子供椅子がこれです。
背板は洋桜
座板はチークと楢を組み合わせています。
竹平大工に全て任せています。
コンセプトは丸三角四角だそうです。
座と背にそれらの形を盛り込んでいます。

背板の穴は持ち手を兼ねています。















その他
どれも秀作ですが34却の中で自分的に好ましいと
思った物を抜粋しています。

材の選択と言い
形状と言い
デザインも含めてどれも相違工夫に満ちたものです。











c0019551_19191153.jpg






























c0019551_19191173.jpg





























c0019551_19191048.jpg






























c0019551_19191060.jpg





























c0019551_19191086.jpg



























c0019551_19191068.jpg






























c0019551_19191095.jpg



























c0019551_19191094.jpg






























c0019551_19190910.jpg
































by tanaka-kinoie | 2018-12-13 19:11 | Trackback | Comments(0)

New mug cup

10年近く使っていたbodamのマグカップを新しいものに替えました。

c0019551_13145540.jpg





白山陶器のONESTというシリーズ
外側はマットな紺色
内側は白磁で飲み物が色映えします。

















c0019551_13145855.jpg









エッジの口当たりも良く
いつものコーヒーがより美味しく感じます。

身近には気に入ったものを置きたい。
こんな小物ひとつ変わるだけで気分も
あがりますね。

ちなみにマイカラーはNavy blueです。


by tanaka-kinoie | 2018-12-11 13:16 | 小物 | Trackback | Comments(0)