『田端の家2』 天窓廻りの納まり


『田端の家2』
3階にはライブラリーコーナーと称した小上がりの畳コーナーがありますがこの天井にはシナベニヤを貼っています。
シナベニヤは半艶と言われる艶を半分消したの塗装で仕上げ、シナらしい柔らかい木目が浮き立っています。
天井は畳コーナーから階段上部まで連続しているので天窓廻りがくり抜かれた様になっています。
上部と側面にシナベニヤ同士が接する出隅(角)が出来ますが、そこがうちの大工らしく綺麗に納められています。





天窓廻りです。
c0019551_08510698.jpg










































5.5mmのシナベニヤ同士が接する角の納まりが綺麗に納められています。
先日引退したH大工が良く使っていた手法です。
特にこうして欲しいと伝えた訳ではありませんが、手間の掛かるこんなことをしてくれるのもうちの大工ならではです。
c0019551_08513440.jpg














































無垢材ならばともかく、ベニヤでこんな綺麗に納めようするには少し特殊な手法が必要です。
H大工の技が継承されています。
c0019551_08521986.jpg








# by tanaka-kinoie | 2018-03-01 08:33 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

『田端の家2』見学会終了

『田端の家2』の見学会が終了
日曜日には無事にお引渡しを致しました。
こちらの御客様とのご縁はいくつかの偶然からでした。
9年前に弊社で建築をした『田端の家』の前を何度も通りががっていて気にして頂いていた事や近くの図書館に私の著書である
『木造住宅納まり図鑑』が置かれていてご覧頂いていた事などで
『日暮里の家』の見学会のご来場を頂き、家づくりのご縁となりました。


c0019551_16123351.jpg




外壁はダークブラウンのガルバリウム鋼板波板
準耐火構造3階建て
面積的にぎりぎりでしたが長期優良住宅の認定を取得しました。
耐震等級は3等級
一次エネルギー消費等級は5等級
断熱性能であるUa値0.54
2020年基準値の0.87はもちろん先進的な基準値である
HEAT20のG1レベル0.56を上回っています。















c0019551_16123912.jpg







ダイニングスペースからスタディーコーナーを見る










c0019551_16124200.jpg










仕切りの壁の
左がダイニングスペース
右がリビングスペース






c0019551_16124513.jpg













リビングスペース





c0019551_16124841.jpg


















c0019551_16125467.jpg




















階段上の天窓です。











c0019551_16125052.jpg



 



 







 
 







階段の仕切り壁
壁の両端に手摺がありますが端部にも手摺を付けて
廻り部分での安全性も高めています。





c0019551_16125964.jpg















 















c0019551_16130477.jpg


3階の畳スペースは書庫コーナー
天井はシナベニヤで仕上げています。



























c0019551_16130663.jpg








 



 


















c0019551_16130923.jpg








# by tanaka-kinoie | 2018-02-27 16:11 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

改修工事 2題

弊社の工事は新築工事ばかりのように思われがちですがもちろんリフォーム工事も請け負っています。
現在は杉並区の天沼と文京区の本駒込にて改修工事を行っています。


こちらは杉並区天沼の様子
接道条件により再建築不可能な家を購入されたお客様
段階的に工事を行う事となり今回は1期工事となります。
外壁をいじらずに一部増築部分や内部の壁を壊して耐震補強と断熱改修を行います。
外見ではわかり難いですが壊して見ると色々な様子がわかったり、意味不明な事も出てきます。
いわゆる御神楽と言われる平屋に一回り2階を増築したような跡もあり、それを支える為に鉄骨の柱のような物も見つかりました。
断熱材の充填は無し、構造壁になるような壁も内部には無いので外周部のみで構造耐力をとります。
2階からの解体なので恐れている柱の足元の劣化具合はまだわかりません。

c0019551_14551867.jpg




2階は比較的地代が新しいのか
鋼板の外装の裏側が見えています。
無断熱です。
























c0019551_14552256.jpg













1階は50年以上は経過しているようです。
木舞壁です。

















 


こちらは本駒込の家の様子

c0019551_15190830.jpg





こちらは天沼より建物は小さいですが骨組みだけ残して
耐震、断熱、設備、内外装の殆どを直しています。
骨組みにするとかなりの劣化と腐朽が見つかりました。
雨水の排水と基礎の高さが低い為に北側の管柱の
殆どを交換しました。













c0019551_15191421.jpg








無筋の基礎を炭素繊維にて補強して土台も交換
しています。













c0019551_15254529.jpg


















c0019551_15255036.jpg









丸太梁にしても断面が小さくて軟です。














c0019551_15260395.jpg









玄関、階段部分は腐朽、食害もあって殆どの構造材が
使い物にならず構造材の殆どを交換しています。

# by tanaka-kinoie | 2018-02-17 13:31 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

応急仮設住宅

全木協東京と東京都は災害時の応急仮設住宅の協定を結びました。
プレハブメーカーの独占状態であった災害時の仮設住宅建設に工務店が携わる木造により仮設住宅が加わると言う事です。
弊社も応急仮設住宅建設に関する幹事会社としての登録を致しましたが先日、実践的な実習とした講習会が開催されましたので参加をしてきました。
地震が起きない事を祈るばかりですが有事に備えての訓練を行う事はとても大事だと思います。


c0019551_21510148.jpg




午前中は座学
熊本での施工実例のDVDで放映
応急仮設住宅の設計図の解説と施工上の注意など
の講習を受講します。
これは講習前の様子です。
会場は後部までぎっしりと主幹事、幹事工務店で
埋め尽くされました。








午後からは実技講習
足立にある東京都立城東職業能力開発センターの1階にて松杭による束を想定しながらの準備です。
c0019551_21510818.jpg


















c0019551_21511127.jpg



















主幹事工務店からは大工も派遣されていよいよ建て方が始まります。
受講者は100名以上 周りで様子を見守ります。
c0019551_21511520.jpg



















3間×3間での大きさを2軒分の住宅として想定したモデル
c0019551_21511873.jpg


















c0019551_21512007.jpg


















あくまでも実践実技を行い、学び体験する事が目的ですので建て方は人数があまるぐらいの大工がいました。
あっという間に棟上げまで終わりました。
c0019551_21512303.jpg


















c0019551_21512679.jpg


















わかり難いですがこちらは住戸間の重要な仕切り
相互の生活音を遮断して火事などの場合も延焼を防ぐ重要な壁である界壁の設置について学んでいます。
c0019551_21512838.jpg



やっと始動をしたというところ主幹事も幹事も
登録工務店がまだまだ足りません。
4月にまた講習開催となるようです。

# by tanaka-kinoie | 2018-02-14 21:50 | Trackback | Comments(0)

田端の家2 完成間際


2月24日(土)、25日(日)に完成見学会を行う『田端の家2』足場が外れて完成間際となりました。
完全予約制ですがお時間あれば是非お越しください。

c0019551_18215354.jpg



敷地は22坪弱
建蔽率60%ですが長期優良住宅の認定を受けることが
お客様のご希望でした。
面積要件の階段を除く40㎡を満たすにはぎりぎりの
敷地でしたがバルコニーを無くすことで何とか認定
を受けることが出来ました。






















c0019551_18215898.jpg












ガルバリウム鋼板の波板
茶色です。


















c0019551_18220510.jpg




















南側
隣接地の通路がある為に陽当たりの条件が
良く、採光はもちろん屋根には高性能の
太陽光パネル3.77kが載っています。










c0019551_18221008.jpg



























2階リビング、ダイニング

左手がダイニング
仕切りの右側にTVが置かれ
ソファーと向き合うリビングとなります。
c0019551_18221578.jpg
















3階の畳コーナー

# by tanaka-kinoie | 2018-02-13 18:24 | Trackback | Comments(0)

堀商店金物

建具に使われるレバーハンドルなどの錠前、丁番などを主に金物を製造販売している新橋の堀商店
一般の方にはあまり知られていないと思いますが老舗の会社です。
10数年前に国内最大メーカーで騒がれたピッキング対応無しのディスクシリンダーという錠前がありましたが
ここの製品においては全く問題無し。
それ以前からディンプルキーによるピッキング対応はしていました。
決して華美なデザインではありませんが金属ならではの美しいカーブを描くものが多く、重厚です。
ステンレス、真鍮磨き、オールドブロンズなど質感がある素材にこだわり、他メーカーと一線を画します。

以下堀商店HPより
安全性が高く堅牢なこと」、「質感のある重厚なデザイン」、堀商店が一貫して守り続けている製品開発における理念です。
丈夫で長く使え、重厚で美しく、使い込むほどに味わいを深め、毎日の暮らしを豊かにしてくれる。これが堀商店が考える
<本当に良い物>です。

一方では伝統的な手法を用いたハンドメイドによる少量生産にも対応しており、たったひとつのオリジナル品や特注品も製作します。
また歴史的建造物における錠前、金物の修理復元なども手掛け、古き良き伝統を守り続けています。

堀商店は安心してご使用いただくためのケアも大切にしています。

堀商店の考える本当に良い物の理念は弊社が考える家づくりにも通ずるものです。
サムラッチハンドルや錠前金物が赤坂迎賓館に使われている事からしても古き良き伝統を守ったモノづくりをしている事がわかります。
決して高いとは思いませんが他メーカーとの比較すればやはり差があります。
住宅ですと開きドアへの利用が多くなりますが弊社は引戸が多いので使う頻度はちょっと少な目です。
とはいえ、堀の金物が付いただけで扉全体に高級感が増すことは間違いないです。
玄関ドアにこの金物がついているだけで只者で無い気配を感じるぐらいです。


c0019551_14041173.jpg



 そんなことで前触れが長くなりましたが
 先日、友人と建具には良い金物が必要だと話をしていて
堀商店の物は良いよと話をしていました。
 その後に、ご自宅にお邪魔をしたら偶然にも室内建具に堀商店の
 金物が扉に使われて偶然にびっくりしてしまいした。
 かなり年季の入ったものだと思いますが現行品でもある
 MGRというレバーハンドルです。











c0019551_14051050.jpg



 真鍮らしい経年変化が良い具合です。



























c0019551_14054672.jpg



 後日、友人から送られてきた写真
 真鍮を磨いてみたとの事
 これはこれで真鍮らしく
 重厚感も増しています。












c0019551_14061010.jpg




 田中工務店のエントランス
 最終退出口は堀の電気錠があります。
 LBRという小ぶりなハンドル
 ステンレス仕上げです。
 会社の玄関錠には絶対に堀商店の物をと決めていました。
 昨年暮れに25年ぶりに電気錠を交換しました。
 それまで全く故障は無しでした。





















c0019551_14061919.jpg



 昨年のジャパンホームショー
『わざわ座』のイベントで販売されていたキーホルダー
 カタログにも載っていない?
 多分、金物以外では初めての製品です。
 まだまだ使えるキーホールダーがありましたが
 栃木レザーの質感と金物脱着が可能な金物屋らしい
 製品に惹かれてしまいました。
 









c0019551_14062399.jpg




 HORIという表示もありますがブランド的に象徴するような
 ものは一切ありません。
 オレンジ色が好みでした。

# by tanaka-kinoie | 2018-02-12 14:07 | Trackback | Comments(0)

ピェンロー鍋


c0019551_10264603.jpg



昨今の東京の気温は温暖化では無く、気候変動ども言える様なマイナス温度の低温が続いています。
大きな影響は起こっていませんが外水栓や給湯器の配管が凍ってしまって湯水が出ないなど
例年には無かった事象が起こっています。
比較的温暖な関東では寒冷地における一般的な対応などは慣れておらず
考え直すきっかけとなりました。

さて話は変わりますが冬の寒さに対応する食と言えばやはり鍋です。
野菜が高騰していますが白菜が余っていたのでお鍋にしてみました。
このピェンロー鍋は白菜中心の鍋で干しシイタケの戻し汁に、ごま油を
加え鶏のもも肉と豚バラを加えて白菜たっぷりで煮込むという物。
春雨も加えると風味は増します。
くたくたになった白菜からは甘さもしみ出し多くの量を食べることが出来ます。
白菜は高騰していて使い難い食材ですがレシピは簡単ですので冬にお奨めの鍋です。
野菜嫌いの子供もこれなら食べてくれる可能性が高くなりそうです。
# by tanaka-kinoie | 2018-02-05 11:00 | | Trackback | Comments(0)

外壁板張り 天竜焼杉

弊社では主にガルバリウム鋼板の外壁を使っています。
木とのマッチングも良く、比較的リーズナブルで耐久性もあるからです。
金属の質感がお嫌いであれば湿式となり工事費は若干アップしますがそとん壁を使うことが多いです。
ここでは理由は述べませんがどこでも見かけるサイディングは使っていません。

最近ではお客様からの要望により何軒で使った板張りの外装も好ましく思っています。
都会で板張りなの? 燃えないの? 耐久性は?
って思われるかもしれませんが不燃下地との組み合わせで準防火地域でも使う事は可能です。
材の選択と使い方によってはメンテナンスが特に大変だとか前者に比較して耐久性が劣る事もありません。
板張りでは秋田杉が多く、特に腐りにくい部位である赤身板を使っていましたが最近になって静岡で焼杉をつくっている工務店さんから見本板を送って頂きました。
18mmと厚みもしっかりあり炭化層が深く、幅も225mmもある杉の産地では有名な天竜材の焼杉です。
近日中に社屋の車庫外壁に張ってみる予定ですが墨も手につくので持ち易いように見本パネルをつくってみました。
都内近郊ではまず見ない外壁ですので使いたいと言う方が現われれば目を惹くことは間違いなしです。
秋田杉赤身の外壁も車庫に張りますので荒木の素の雰囲気と焼杉の黒と2種の材料を比べてもらえれば良いかと思います。


c0019551_17371109.jpg


『北国分の家』
外壁は秋田杉赤身ひき板に押し縁
くどうはじめ材木店の杉板です。
 



 

 設計:田中敏溥建築設計事務所
 施工:田中工務店
 写真:垂見写真事務所 垂見孔士







c0019551_17371790.jpg




『北国分の家』
 玄関下屋





 設計:田中敏溥建築設計事務所
 施工:田中工務店
 写真:垂見写真事務所 垂見孔士







c0019551_17372515.jpg


 




 この焼杉の施工例です。
 残念ながら弊社の建物ではありませんが焼杉と
 木製サッシとのマッチングが良く
 独特の趣があります。
 
 設計施工:扇建築工房








c0019551_17372243.jpg




 



 こちらも扇建築工房さんの施工例
 建物周りの植栽も素晴らしいです。



 設計施工:扇建築工房







c0019551_17372913.jpg



 






 焼杉板見本パネル
 墨が付くので枠を回しました。

焼杉のつくり方








c0019551_17373222.jpg


 








 厚みが18mmあるので炭化層を深くする事
 が可能です。
 そのぶん耐久性が高くなると思います。


# by tanaka-kinoie | 2018-01-24 15:54 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

真冬ですが・・・・

最近の寒さは特に厳しいものがありますが休みがとれれば海に向かいます。
波が多少悪くても2時間程度の波乗りは腕、肩、腰、首に負荷の掛かる良いトレーニングになります。
昨年後半は行ける回数が少なかったばかりに正月スキーは腰にきて辛かったです。
負担の掛かる腰も波乗りを続けていれば腰痛になる事もありません。
毎週と言う訳には行きませんが波乗りは体力維持には欠かせないと思っています。
この時期に海につかると言うことで健康維持にはなっていないと思いますが・・・・・(笑)

c0019551_18275425.jpg

ここは花籠と言われるサーフポイント
南房総市の和田町にあります。
初乗りは南下しました。
ホームの千葉県旭付近は九十九里の最北端
こちらとは100キロ以上離れています。







c0019551_18281971.jpg
ホームとは違い
水の色が青く、透明度も高いです。
また大きく違うのが水温
こちらは3mm 5mmのウェットスーツで問題無し
グローブはもちろん ブーツも不要な温かさで
キャップなどあり得ない海水温なのです。

ホームの千葉北と比べると氷水とぬるま湯
ぐらいの差があります。







c0019551_18291028.jpg
さすが南房総
水仙があちらこちらに咲き乱れています。
道端に群生しているところも珍しくありません。















c0019551_18343760.jpg



こちらは先日の週末
ホームに向かう途中の外気温です。
5時起きで海に向かいましたがこの日は
特に寒く-3℃でした。










c0019551_18351841.jpg



ホーム近くの堀川浜で入水
水温は南房総に比べればかなり低いです。
ドライスーツとはいえ中の着込み方が甘かったので
北風が吹くと背中は寒かったです。
2時間入水
波はいまいちでしたが良いトレーニングになりました。

寒さはともかく千葉北上は南房総よりも圧倒的に人が
少ないので波数つかめます。
これからがいよいよ冬本番 
波乗りも今やウィンタースポーツです。




# by tanaka-kinoie | 2018-01-15 18:11 | 波乗り | Trackback | Comments(0)

マンションリノベのお引渡し

今年初めてのお引渡しがマンションリノベでした。
昨年の暮れに完成予定でしたが暮れの引っ越し代が高額である事などから無理をしないで引越しをすると言う事で年明けのお引っ越しとなりました。
水回り全てと内装は刷新しましたが外周部はそのままにして間仕切りと天井を半分程度壊し、古い建具も使用しています。
角部屋にて2面が外壁に面していますがお互いに了解のもとに断熱性能向上は行わずに予算内で優先順位を決めて可能な事を
行ないました。
とはいえ工事前とは全く違う雰囲気となりました。

c0019551_20182144.jpg玄関から廊下を見る
床は唐松材の節有り

c0019551_20190357.jpgリビングの隅にある
スタディーコーナーと本棚

c0019551_20201612.jpgスタディーコーナー
カウンターは楢材の幅接ぎです。

c0019551_20250995.jpg間仕切りの向こう側は子供室です。

c0019551_20360541.jpg左:リビング
右:和室

和室入口の建具は既存の
建具の再利用

c0019551_20364161.jpg

c0019551_20453144.jpg

c0019551_20401600.jpg
和室
障子は既存の物を利用しています。

# by tanaka-kinoie | 2018-01-09 19:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)