人気ブログランキング |

イラストレーター小林泰彦さん

イラストレーター小林泰彦さん_c0019551_20260656.jpg



イラストレーターの小林泰彦さん
メンクラはもちろん、OMソーラーの広告でも
お馴染みでした。
とても好きな作風で柔らかなイラストです。
読売新聞で偶然見かけましたが
この写真からもお元気そうです。




















イラストレーター小林泰彦さん_c0019551_20261090.jpg



OMソーラーの看板シートやイラストもご担当
されていたので建築には造詣が深いのでしょうか?
早速、建築散策の新刊を購入しました。
写真よりもイラストの方が建物の形や
陰影がわかり易く、楽しくページがめくれます。

これをもって全国の建築散策がしてみたくなりました。




















イラストレーター小林泰彦さん_c0019551_20261387.jpg



こちらは小林泰彦さんの30年以上前の本
私の高校時代のバイブルでもあった
『ヘビーデューティーの本』
ファッションに目覚めたころです。
ここに掲載されている洋服等は限られた店にしか
なく高校生にはおいそれとは買えない金額でした。

そんなことがきっかけでアメリカからカタログを
取り寄せて見様見真似でmail orderを始めました。
シエラデザイン、LLビーン、エディバウアーなど
輸入して同級生から手数料をもらって販売をしていたりしました。
そのまま色々やっていたら服飾業界で生きていたかもしれません。


# by tanaka-kinoie | 2020-02-03 20:27 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

事務所の改修工事

事務所の改修工事も少しづつですが進んでいます。
ストックのカタログや図面などを仮置きするスペースが無いのでまずは北面に大きめの
カタログ棚を先に作りそこにストックのカタログを移動する予定です。

事務所の改修工事_c0019551_07555739.jpg



社員が3階に移動した後の事務所跡

事務所の改修工事_c0019551_07555757.jpg




事務所は1階が鉄骨で2,3階が木造の混構造です。
デッキプレート下には発泡ウレタンを吹いていますが熱的境界面の連続性が悪く床下の断熱が甘く
、漏気もあって冬は足元が冷えます。
苦肉の対策でネオマフォーム床下地に敷き込む
ことにしました。
事務所の改修工事_c0019551_07555784.jpg



床に段差は出来ますがネオマフォームフォーム
66㎜を敷き込んでいます。
事務所の改修工事_c0019551_07555731.jpg




電話、LAN配線、コンセントの工事など
を行っています。
事務所の改修工事_c0019551_07555814.jpg



杉の3層クロスパネル
Jパネル30㎜を使って
北面のカタログを
製作しています。
事務所の改修工事_c0019551_07555889.jpg




寸法上
台輪無しでおさめたので箱にすると
いうよりもい天板、側板をバラバラに
して箱状に組んでいます。







事務所の改修工事_c0019551_07573043.jpg




安価で本棚を手っ取り早く作るにはシナの
ランバーコア材を利用します。
本棚以外にもキッチン、TV台などの家具の箱を
大工がつくるにもも便利です。
今回使っているJパネルは国産杉で構成された
3層のクロスパネル。
杉材の木質感がシナとは全く違います。

杉はバタ臭い感じにもなるので厚みや面での
使い方に気を使います。
事務所の改修工事_c0019551_07573204.jpg
事務所の改修工事_c0019551_07573467.jpg



ほぼ完成
オイル塗装を施し棚板を設置して右側の
旧本棚からカタログを移動します。












事務所の改修工事_c0019551_07555887.jpg



知りませんでした・・・・
明るさはもちろん、色温度までアプリを使って調整が可能です。
朝は白めの昼白色で夕方に暖色の電球色に徐々に切り替える事も
タイマー設定で可能です。











事務所の改修工事_c0019551_07555764.jpg





仮にセッティングしてみましたが間接照明とはいえ
十分な明るさです。

今までの蛍光灯一色とは全く違い
優しい光に包まれます。

# by tanaka-kinoie | 2020-01-27 07:58 | 家具 | Trackback | Comments(0)

新年最初の家具の仕事

新年最初にご来社を頂きましたのは6年前に大規模改修を行ったお客様でした。
弊社に無垢の板材の在庫があることを思い出して頂いたとの事でお問い合わせを頂きました。
1枚板のテーブルをお作りになられたいと材料選びに弊社にお越し下さいました。
ストック材は比較的あるとはいえ1枚板でテーブルにするような材料のストックは数枚程度です。
あまり濃い色を好まないとのお話も事前にあったのでブラックチェリーやウォールナットは該当せず
こちらで3枚の板をご用意してご覧頂きました。


新年最初の家具の仕事_c0019551_10362831.jpeg



こちらは広葉樹『栓の1枚板』
耳と言われる外側の皮の丸面部分も
残っていたのでそれを含めれば1m×2mの大きな一枚板でした
が今回は四角にカットしました。
それでも畳一枚分の大きさはゆうにあります。
広葉樹の年輪は複雑ですので樹齢100年は超えていると思います。










新年最初の家具の仕事_c0019551_10363100.jpeg




『栓の1枚板』
見た目はほぼ平らですが反りむくりが
あるのでフラットにする為に松下大工が
電動鉋で削っています。

新年最初の家具の仕事_c0019551_10363737.jpeg



『栓の1枚板』を削ると
広葉樹らしい荒々しさがあります。
オイル塗装をすれば目が際立ちます。

こちら側が木表
木の外側の部分です。
節も1つだけ
カットの調整で節が取れるかもしれません。

















新年最初の家具の仕事_c0019551_10364064.jpeg



『栓の1枚板』
こちら側は木裏
芯に近い側の内側の面です。
右側に節がありますがここもカット出来そうです。



木の目の見た目の風合い
左右の均等さ
木の外側の白太や木の芯に近い赤身の混じり具合や
節の有無
節の出方
板目の均等さ、綺麗さ
逆目と言われる平滑に仕上がらない部分
杢目と言われる材毎に価値をもつ複雑な模様などを踏まえて
木表木裏を使うかどうか決めていきます。






新年最初の家具の仕事_c0019551_10364355.jpeg










もう1枚ご覧頂いたのが『姫小松の1枚板』
こちらは針葉樹ですので栓に比べて優しい目で
節の無い板も在庫であるのですが価格も上がります。
この程度の小さな節であればお客様もご納得いただき
テーブルはこれで製作をすることになりました。
中杢と言われる芯に近い板目が中心に通っていて
ほぼ左右対称で選びやすい材料です。







新年最初の家具の仕事_c0019551_10373561.jpg



裏側には反桟といわれる反り止めの木材が仕組まれています。
必ずしも必要では無いので天然木の狂いや暴れはあるので
板ごとに反る反らないを判断します。
金属のプレートを使う場合も最近はあります。
新年最初の家具の仕事_c0019551_10374581.jpg




こんな感じで反桟がついています。
蟻加工と言われる掘り込みをして天板と一体になって
材の反りを止めます。
新年最初の家具の仕事_c0019551_10373875.jpg



脚の固定用の金物を埋め込んでいます。
脚は固定出来れば良いのですが脱着が出来ないと運搬時や搬入時に
大変です。
今回も3階まで上げるので重量も搬入路的にも足の脱着が不可欠です。
新年最初の家具の仕事_c0019551_10374278.jpg




脚は天板と同じ材料を使うのが基本でが
姫小松の角材は手に入り難いので在庫の
あった桧を使っています。
桧の中でも高級な木曽桧で目の詰まった
良い材料です。
松と桧ですが色合いは良く合っています。

新年最初の家具の仕事_c0019551_10374888.jpg




大工が塗装をしています。
天板にオイル塗装をしてほぼ仕上がった状態
塗れ色になって飴色に近くなっています。
新年最初の家具の仕事_c0019551_10391289.jpg



逆さですが組みあがっています。
新年最初の家具の仕事_c0019551_10391582.jpg




表裏同等の仕上げにしないと反りむくりの原因になります。
裏側も見えないとはいえきちんと塗装を施します。


新年最初の家具の仕事_c0019551_10391864.jpg



1枚板のテーブルが完成
幅750×長さ1400×高さ640
後は納品をするだけです。
お客様の喜び顔が見れると良いのですが

# by tanaka-kinoie | 2020-01-26 14:28 | 家具 | Trackback | Comments(0)

カレンダー2020

会社では毎年沢山のカレンダーを頂きます。
銀行、大手建材メーカー、資材の販売店などからでありがたいことですが、正直言えば使いたい⁽飾りたい⁾というカレンダーは少ないです。
シンプルで表示がわかり易く、宣伝色が薄く、書き込みなどのスペースも不要な物が殆どありません。
そんなカレンダーは数社だけです。
余ったものは社員の自宅用や近所に声を掛けたりしていますが残念ながら廃棄するものをあります。
カレンダー配りも悪しき風習でもあると感じます。


カレンダー2020_c0019551_18395018.jpg





事務所スペースはとにかく字が大きくて見やすく
六曜が示されていることが条件
そんな意味ではシンプルな高橋書店のB3変形型を
使っています。
これは唯一購入しているものです。














カレンダー2020_c0019551_18501021.jpg





今でこそ同じようなカレンダーはありますが当時⁽数十年前)
から人気のあるイノベーダーのカレンダー
シンプルで見易い
ずっと使い続けている方も多いようです。
六曜表示が無いので残念ながら事務所では使っていませんが
カレンダー売り上げランクはずっと上位だそうです。















カレンダー2020_c0019551_19040940.jpg


毎年楽しみにしているのがこのカレンダーです。
昔からシンプルでこの表のみ社名があるだけです。
宣伝色は全くなし

























カレンダー2020_c0019551_19041167.jpg




毎年のテーマは錠前メーカーらしく海外の扉や窓飾り、
ドアハンドル等々
金物が多い気がしますが今年は木彫がテーマ
12回とは言え、めくるのが楽しみなカレンダーです。

設計事務所、工務店などみなさんどんなカレンダーを使っている
のか知りたいです。



# by tanaka-kinoie | 2020-01-11 18:46 | 小物 | Trackback | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
今年の口開け仕事は事務所の改装工事からです。

新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16065903.jpeg


昨年もご紹介した働く家具『働具』
事務所の改装を考えていた矢先の事、一昨年のジャパンホーム
ショーで事務所用の家具の企画案がありモデルプラン的に弊社が
のった形です。

旧事務所スペース
ここに5人がおりましたが年末にスチールのオフィス用家具を
撤収して3階に引っ越しました。
まずはフローリングを張り替えて刷新します。
状況はまた投稿しますが照明プランなどの検討もあるので
素早くとはいかなそうです。





新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16070418.jpeg



といきなりスキー場ですが4年目になる年末例年の家族スキー。
これぐらいしか家族旅行に行けていないのですがどこも雪不足と
言われる中で志賀高原スキー場は標高も高く、降雪もあって
コンディションは良かったです。

ここはホテルの正面に見える一ノ瀬ダイヤモンドの風景です。
早朝から競技スキーヤーのポールトレーニングが始まっています。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16070835.jpeg



3歳からスキー始めた娘もずいぶん上手になりました。
多少の不整地でも新雪も急斜面でもなんとか滑ってこれるように
なりました。
今年は板のお陰かいきなりずれの少ないカービングターンで
滑っていました。

偶然ウェアがかぶっていますがお揃いというわけではありません。(笑)
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16071174.jpeg



一ノ瀬 タンネの森鐘の鳴る丘レストランに飾ってあった珍しい
小賀坂スキーに反応してしまうのは自分ぐらいでしょうか?
札幌オリンピック代表の片桐美雪さんのスキーは滑降用?
(SAJのヘッドコーチで同じく札幌オリンピック代表あった古川年正さんの奥様)
当時では普通とは言え、良くこんな細いスキーで滑っていたのだと感心します。
またこのスキーのデザインが東京オリンピックのポスターで有名な
亀倉雄策さんであることにも驚きました。

3日間滑って30日の夜に志賀高原を出発
妻の実家のある名古屋まで移動しました。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16071564.jpeg




大晦日から名古屋でゆっくり過ごし
元旦には派手な印象のある名古屋にしては地味な小松菜だけ
のお雑煮ですが美味しく頂きました


正月飾りも少なく東京より地味な正月の印象です。


新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16071709.jpg



近くのショッピングモールで獅子舞を見ることが出来ました。
実は獅子舞の見るのは初めて
運よく娘と二人で獅子に噛んでもらえてよい厄払いが出来ました。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_19560782.jpg


2日は娘にねだられての映画鑑賞
『すみっコぐらし』『ドラえもん』『アナ雪』と
3つの選択肢がありましたが『すみっコぐらし』を押し切って
『アナ雪』を鑑賞
大人でも楽しめましたよ。




新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16072299.jpeg



例年
賀状の整理や年明けの計画など毎年仕事始めの2日前には出社
しています。
3日の早朝に独りで名古屋を出発
早朝であれば毎年、渋滞には巻き込まれません。
順調とは言え400キロ弱を5時間掛かり10時には会社に到着しました。

思わずきれいな富士山で立ち寄った由比PA です。
新年あけましておめでとうございます。_c0019551_16072541.jpeg



休みの最後は波乗り初め
この寒さで海につかるとは異常だと家族に言われますがサーフィンも
ウェットスーツの進化で通年のスポーツになっています。
皆さんが思われるよりも暖かです。
但し着替えの時を除けばです・・・・(笑)
十年以上お世話になっている九十九里の北のポイント地元のサーファーの多いローカルポイントですが何とか混ぜてもらっています。
ローカルの方々に挨拶も済ませてまずまずの波乗りが出来ました。

本年もよろしくお願い致します。

# by tanaka-kinoie | 2020-01-05 16:08 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

木造住宅納まり図鑑 増補改訂版が発売

2016年6月に木造住宅納まり図鑑が発売されてから早3年半
工務店本としてはまずまずの売れ行きらしくAMAZONランキングにも残っています。
そんなことで増補改訂版が発売されました。
中身に大きな変更はありませんがカテゴリーや順番をわかり易くして主題に簡単な解説を加えています。
150アイテムから170までとなりページ数も増えていますよ。

木造住宅納まり図鑑 増補改訂版が発売_c0019551_20092001.jpg























木造住宅納まり図鑑 増補改訂版が発売_c0019551_20094188.jpg






















木造住宅納まり図鑑 増補改訂版が発売_c0019551_20094517.jpeg





























木造住宅納まり図鑑 増補改訂版が発売_c0019551_20095949.jpeg





























木造住宅納まり図鑑 増補改訂版が発売_c0019551_20100379.jpeg

# by tanaka-kinoie | 2019-12-24 20:08 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

わざわ座 働具

昨年の11月のジャパンホームビルダーズショーでわざわ座でオフィス家具的な形での企画があるという話がありました。
タイミングよく弊社事務所の改修を考えていたこともあって田中工務店事務所リニューアルを小泉誠さんに企画設計をして頂きました。
それをそのままホームショーで展示しました。
その後、忙しくなって2階事務所の改装計画はそのままになっていましたが先日、意を決して3階に5人が引越しをしました。
来年からですが古いスチールのデスクも処分をして床の交換、照明計画、わざわ座のオフィス用の家具働く道具である事を意味する働具の設置をします。

わざわ座 働具_c0019551_19384580.jpg



3階の仮設事務所田中、設計2名、監督2名 計5人
展示用のJパネル3台のテーブルを使っています。
スチールのデスクと違い温かみがあってPCにそえる肘の
感覚も全く違います。
わざわ座 働具_c0019551_19395300.jpg





昨年のジャパンホームショーでお披露目の弊社の事務所の働具
囲まれていますが見え隠れするぐらいの丁度良い高さです。

わざわ座 働具_c0019551_19401229.jpg




こちらは先日
私の仮のデスクです。
コーディネートは私物も含めてしています。
わざわ座 働具_c0019551_19403985.jpg



昨年11月のジャパンホームビルダーズショーでの初回の展示
わざわ座 働具_c0019551_19410507.jpg
わざわ座 働具_c0019551_19413749.jpg




好きな物に囲まれて仕事をしたいと思います。
わざわ座 働具_c0019551_15535985.jpg



こちらは相羽建設の相羽社長のコーディネート


わざわ座 働具_c0019551_15542275.jpg



こちらは小泉誠さんのコーディネートです。


# by tanaka-kinoie | 2019-12-02 19:37 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

建築知識ビルダーズ39号

建築知識ビルダーズ39号_c0019551_20013735.jpg



建築知識のムック本で季刊誌でもある『建築知識ビルダーズ』も来年で

創刊10周年を迎えるそうです。
創刊時から画像提供など取材協力を行っていましたが当時は10年を迎える

人気建築誌になるとは思いもしませんでした。

プロだけでなく、一般ユーザーにも読みやすい雑誌だと思います。
来年の10年誌を迎えるにあたってなのかこの39号の特集は
築10年の家に学ぶ

弊社施工の家が4軒取り上げられています。
田中工務店特集号ともいえるぐらいぐらい巻頭から紙面を大きく割いて

取り上げて頂きました。


築0年の新築『荒川の家Ⅱ』
築年数の経過した家の現在の状況が正直に掲載
されています。
こんな内容の記事は珍しいので是非書店にて
ご覧ください。





# by tanaka-kinoie | 2019-11-25 20:01 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

OB宅訪問

先日は雑誌の撮影の為と定期点検築後10数年経過した家を4軒訪問致しました。

平成19年3月完成
諸事情で12年以降の定期点検となりました。

OB宅訪問_c0019551_14250003.jpg


台形型の敷地に建つ
木造3階建て
工期が無くて耳付きパネルを自社で製作して
お子様の小学校の入学に間に合った思い出が
あります。
そのお子様も大学生との事

そとん壁の外壁に板張りのバルコニー



















OB宅訪問_c0019551_07155974.jpg




敷地面積も小さめで斜線規制も厳しく
法規制ぎりぎりにおさめている為に
屋根は容易に上がれませんがOM集熱
ガラスの点検などで
屋根上は覗き確認しました。
OB宅訪問_c0019551_07164066.jpg



バルコニーフレームの見上げです。
木造ですがバルコニーは構造的な問題で
鉄骨で作っています。
そこに工夫して板を貼って軽やかな
バルコニーにしています。
床も簀の子上です。
OB宅訪問_c0019551_07173123.jpg




建物を道路近くまで配置しているので
敷地なりに斜めのバルコニーとなって
います。
ここは図面化も施工も苦労しました。
12年目でも手摺板もデッキ材も腐朽は
殆どなくまだまだ使えそうな状態で
した。
OB宅訪問_c0019551_07171014.jpg



10年前後では給湯器廻りの保温剤の
劣化が目立ってきます。
東京でも数年前には低温の状態で給湯器
廻りの凍結がありましたので要注意です。
また省エネの観点からも保温のやり直し
は必要だと思います。
保温管の工事はご自身で再施工されるかたもおられます。
OB宅訪問_c0019551_07174627.jpg


床下は潜れるだけの高さ330㎜以上はどの家でも
確保してあります。
白蟻がいないかどうか
漏水が無いかどうか
床鳴り
床基礎の断熱の脱落、欠損などの確認をしています。



建築知識ビルダーズの撮影です。
OB宅訪問_c0019551_14380228.jpg



竣工時のまばらな植栽がここまで育っています。
平屋ですので樹木に建物が埋もれた感じ
植栽で玄関が見えずアプローチする雰囲気が
とても良い感じになっています。















OB宅訪問_c0019551_14384219.jpg




西の道路側に屋根が掛かった大きめのデッキを
設置してあります。
西日を遮ることと道路側への大きめの開口への
緩衝地帯と言った場所になります。
よしずも外観のアクセントになっています。
OB宅訪問_c0019551_14384495.jpg



南側の片引き吉村障子
一段上げたベンチ代わりの収納は今は貴重な
ピーラー材の長尺の1枚板です。

OB宅訪問_c0019551_14384816.jpg



今は車庫しかない南側に
将来建築物が出来たときの事も配慮して北側には
小さな天窓を設けてあります。
小屋裏の床上にあるので緩く採光が得られます。



午後からはこちらにお邪魔しました。
OB宅訪問_c0019551_14405699.jpg



親水緑道に面しており
バルコニー正面のけやきを借景にしたリビングです。

OB宅訪問_c0019551_14411312.jpg



定番の小上がり和室は戸袋付き
そしてムカデ収納
OB宅訪問_c0019551_14410141.jpg



けやきの見えるリビング
羨ましい借景です。
椅子を出して奥様とワンちゃんも撮影させて
頂きました。

手前の唐松テーブルも当初は
6人家族想定で900×2000
現在は長さを少し詰めて1500の長さに
しました。


日を改めて建築知識ビルダーズの撮影です。
OB宅訪問_c0019551_14433360.jpg




竣工時と同じアングルで撮って頂いています。
床材はレッドパイン
長尺で節も綺麗 固さもほどほど
当時は入手し易く、コストパフォーマンスの
良い材料でしたが材料高騰で現在は唐松フローリング
が多くなっています。










OB宅訪問_c0019551_14433472.jpg

OB宅訪問_c0019551_14445808.jpg



弊社の自慢のディテール
むかで収納を初めて取り入れたお家です。
奥様のご要望をかなえようと試行錯誤して良い結果が生まれました。

当然のごとく元祖むかで収納と
小上がり和室の撮影です。


















OB宅訪問_c0019551_14450258.jpg



収納量はたっぷりです。
お子様の夏冬の洋服の入れ替えに便利だそうです。
高校野球の選手をされているのでそれにまつわる
衣類も多そうでした。


これらが特集された建築知識ビルダーズの発売は11月の中旬だという事です。
OBのお客様にも撮影にお時間を割いて
頂きまして感謝しております。

発売が楽しみです。

# by tanaka-kinoie | 2019-11-05 14:17 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

子供椅子

平成7年生まれ 元高校球児で体育会系、明るく素直な性格の松下巧大工
大工育成塾に入塾して3年間インターンシップ的に弊社で大工としての修業を積み
平成28年に卒塾し弊社に入社して早3年半
造作はもちろん家具作りなどもたいていのことは出来るようになりました。


子供椅子_c0019551_20282585.jpg



そんな松下大工が初めて作った椅子

ジャパンホームショーでの『わざわ座』の子供椅子の製作を

デザインから材料の選択まで任せてみました。

※昨年の子供椅子展示の様子

ジグゾーパズルからヒントを得たという形状





子供椅子_c0019551_13053378.jpg




















画像ではよくわかりませんが座には丸く凹みがつくられて

座りやすくなっています。

本当は連結出来るようにしたかったそうですが時間の都合で

1脚になりそうです。

座板はブビンガ材 花梨のように色が濃く重厚感がある材

背板はホワイトアッシュ 淡い板目が綺麗な材

いずれも普段、家具天板に使っている材料の端材です。

材の色合いのコントラストも良いと思います。

これから材料選びもデザインもどんどん学んでいくと思います。



# by tanaka-kinoie | 2019-10-24 20:29 | 家具 | Trackback | Comments(0)