人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ipad stand ブラックチェリーと栗

広葉樹の端材で製作しているipad stand
しばらく製作していませんでしたがちょっとした合間が出来たので久しぶりに作ってみました。
カウンターの余りなどを使ったもので無垢の材にスリットが入っていてそこに置くだけの単純な物です。


こちらは8年前に作ったもの
栃を使いました。
ipad stand ブラックチェリーと栗_c0019551_14040849.jpg






























今回はブラックチェリーと栗です。
無塗装の画像です。
ipad stand ブラックチェリーと栗_c0019551_14041161.jpg

























ipad stand ブラックチェリーと栗_c0019551_14041457.jpg










































オイルで拭き取った画像です。
広葉樹はオイルによって色濃さが増して、しっとりとした感じになります。
まだ艶がありますが乾いて来ればまた違った雰囲気になると思います。
ipad stand ブラックチェリーと栗_c0019551_14041966.jpg





























濃い物はブラックチェリー
薄い物は栗です。
ipad stand ブラックチェリーと栗_c0019551_14041740.jpg







# by tanaka-kinoie | 2020-11-14 14:05 | 家具 | Trackback | Comments(0)

オニグルミフローリング

『清澄の家』でリビングに使われるフローリングはオニグルミです。
当初のお客様からのご要望は濃い目の色合いのフローリング弊社で一番よく使われるのが唐松フローリングです。
ヒノキや杉に比べて、針葉樹の中では比較的硬く、強い板目があり、色合いも濃い目です。
とはいえご自宅のインテリア、フローリングなどから広葉樹としての色濃さ、色合いだと感じましたのでブラックウォールナット、ブラックチェリーなどの
雰囲気、質感だと感じていました。
とはいえ一般的にフローリングで色の濃い物は金額が高くなる傾向にあります。
そんなことで価格面ではもちろんですが上記の樹種は存在感が強過ぎることもあって決めあぐねていましたが10年ぐらい前にストックしていた鬼胡桃(オニグルミ)が
まだ手に入ることを知って見本から使って頂くことになりました。
胡桃ですからウォールナットですがブラックよりも少し柔らかめで、優しい板目で色合いも濃過ぎず良い風合いです。
唐松とは大きな差額にもなりませんでした。

オニグルミフローリング_c0019551_19154123.jpg



場で貼る前に汚れ止めの意味合いもあってまず
一度塗装をします。
塗装はオスモのフロアークリア―です。
















オニグルミフローリング_c0019551_19154791.jpg













白っぽかった風合いが一気にオイリーになって
色が濃くなります。







オニグルミフローリング_c0019551_19154902.jpg


















唐松などよりは数割高めですがお薦め出来る
広葉樹だと改めて感じます。
来年の2月初旬の見学会でお目見えします。


# by tanaka-kinoie | 2020-11-06 19:16 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

『清澄の家』構造見学会

少し前ですが清澄白河にて木造2階建ての住宅が上棟しました。
2020年11月7日(土)に江東区で木造2階建てセルローズ断熱の構造見学会を開催します。(完全予約制)

「清澄の家」
長くこの地にお住まいだった建主様のご実家を取り壊して木造2階建てへの建て替えです。
社寺の多い寺町に相応しく、オーソドックスかつ落ち着いた外観になるように一階は軒を大きく出しました。
低い構えは、圧迫感を感じさせず、町並みに親和的な雰囲気を与えると思います。
1階はLDK+水回りをもうけて2階はご家族それぞれの個室というプラン構成です。
構造は許容応力度計算により耐震等級は最上級の等級3。
構造材にはJAS等級を持つ国産杉材の柱を使い
梁、桁は強度計算によるもので国産杉材、国産材、集成材、LVL材を混在して使っています。
温熱性能を示すUA値は0.49W/㎡K(基準U値0.87W/㎡K)
再生古紙を使ったセルローズファイバー断熱と樹脂複合サッシを使い高性能で心地よい住環境をめざします。
長期優良住宅の認定を受けていますがそれらを上回る+αの性能値です。


『清澄の家』構造見学会_c0019551_17212100.jpg



構造見学会の見所は、柱、梁、桁などの構造体や外部の通気工法など下地の状況や壁・天井内に隠れてしまう電気配線、給排水管
壁・屋根ともに断熱材の充填状況などです。
完成したら見えなくなる部分をご覧頂ける数少ない機会です。
敷地面積   99.55㎡(30.11坪)
1階床面積 40.69㎡(12.30坪)
2階床面積 46.45㎡(14.05坪)
延床面積 87.14㎡(26.35坪)


『清澄の家』構造見学会_c0019551_17212373.jpg




完全予約制となっておりますので見学をご希望の方は
下記のご希望時間帯をお知らせ下さい。
この時間内で入場、退場をお願い致します
各回2組までのご案内と致します。









『清澄の家』構造見学会_c0019551_17212516.jpg



※新型コロナ感染防止対策を施して開催を致します。
①10:00~11:30
②12:00~13:30
③14:00~15:30

氏名・ご住所・電話番号を明記の上、
メール・FAX・電話等でお申し込み下さい。
ご案内を発送致します。




『清澄の家』構造見学会_c0019551_17212716.jpg



開催日時 2020年11月7日(土)10:00〜15:30
(時間帯予約制)
開催場所 江東区清澄
最寄り駅 半蔵門線 清澄白河駅 徒歩5分

< お申し込みは下記へ >
Eメール  info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110




『清澄の家』構造見学会_c0019551_17212903.jpg




















『清澄の家』構造見学会_c0019551_17213112.jpg



# by tanaka-kinoie | 2020-10-26 17:03 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

板橋の家Ⅲ 木工事追い込み

板橋の家Ⅲ
木工事終了間際の追い込みです。
お待ちしております。

板橋の家Ⅲ 木工事追い込み_c0019551_06350531.jpg




2階リビングに大工4人という体制
それで無いと木工事が終わらなかったかもしれません。











板橋の家Ⅲ 木工事追い込み_c0019551_06350713.jpg










見晴らしの良い高台2階の小上がり和室の北側は縁側になっています。






板橋の家Ⅲ 木工事追い込み_c0019551_06351205.jpg
















固定階段から容易に上がれる小屋裏空間
リビングと繋がっており障子により仕切られます。
北側の採光もハイサイド窓から得られます。


板橋の家Ⅲ 木工事追い込み_c0019551_06351588.jpg





さわら板貼りのハーフバス
壁換気扇の納まり


板橋の家Ⅲ 木工事追い込み_c0019551_06351716.jpg







樹脂製のガラリを隠す意匠
天井と壁がさわらに包まれた空間となるべく
木製ガラリをだいくがつくり納めています。


# by tanaka-kinoie | 2020-10-21 06:40 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

堀商店 新橋本社

新橋のある堀商店は工芸品に近い、独自性と物作り要素の高い錠前、建築金物の数々をつくっており赤坂迎賓館の扉等にも使われています。
このドアノブやレバーハンドルが使われているだけでドア自体がどんな素材あろうとも高級感が生まれます。
建物自体も東京都の有形登録文化財に指定されています。
数回程度しか訪れたことが無かったショールームでしたがこのほど、本社が新宿に移転するとの事で移転前ぎりぎりに伺ってきました。

堀商店 新橋本社_c0019551_13482788.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13483197.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13483472.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13483643.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13484149.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13484463.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13484617.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13484902.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13485182.jpg
堀商店 新橋本社_c0019551_13485395.jpg

# by tanaka-kinoie | 2020-10-04 13:49 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)